まるで少女みたいに恋をする

毎日は優しい奇跡で溢れてる 一緒に奇跡を見つけませんか

もう逢えない あの子へ

 

 

昨日  夢を  見ました

 

夢の中で

あの子と息子が笑っていた

何がそんなにおかしいのかしら

ケラケラケラケラ

声を出して笑っていた

 

 

あれ?

あんた達 別れたんじゃなかったっけ?

 

わたしが聞くと

 

あの子微笑んで

 

別れましたけど

でも

こうして逢ってるんだよねー

 

そう言って息子の顔を見つめてる

 

息子が恥ずかしそうに頷いたところで

 

 

 

 

目が

 

 

覚めた

 

 

 

 

あぁ

久しぶりに見た

あの子の顔

 

去年まで週に一度は遊びに来ていた子

息子の部屋からは

いつもいつも二人の笑い声が

聞こえていたっけ

 

 

息子が会社を辞めて引きこもった時も

愛犬がお空に帰った時も

 

あの子はずっと息子のそばにいてくれた

 

 

 

 

わたしの他に

息子を愛してる人がいる

わたしの他に

息子をいたわってくれる人がいる

 

 

それがどんなに心強かったかしら

 

 

 

 

 

 

1月になったばかりの寒い夜

 

あの子いつものように

こんにちは

と言って遊びに来てくれた

 

 

 

 

 

それが

 

 

最後だった

 

 

 

その時

別れ話しに来たことを

息子から後で聞いた

 

 

息子の部屋からは

あの子が置いていたこまごましたものが

 

 

 

ぜんぶ

 

 

きれいに

 

 

なくなっていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかしいわね

 

週に一度は顔を見ていて

おみやげを渡したり

誕生日プレゼントもらったり

なんとなく

すっかり仲良くなったつもりでいたけど

息子と別れたら

 

 

わたし

あの子の連絡先も知らない

 

 

 

電話番号も

アドレスも

なんにも知らない

 

 

 

だから

 

多分

 

もう二度と逢えないの

 

 

 

 

逢えないから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えりちゃん

ありがとう

 

三年もわたしの息子を

支えてくれてありがとう

 

二人の未来は別々になっても

わたしはあなたを忘れない

 

 

 

いつまでも

その

少女のような笑顔のままで

 

幸せになってね

 

 

 

もしかしたら

わたしの娘になっていたかもしれない

もう二度と

 

 

逢えない

 

あの子へ

 

届きますように…

 

 

 


f:id:iitan1115:20180222153034j:image

 

 

 

 

寂しいなぁ

 

 

 

 

 

 

許していけば虹が架かる

 

 

道を塞いでるおばさん達

 

急いでるわたしの前にむらがっていて

通れない

 

掻き分けるように前へ進むけど

誰も何にも気づかない

 

わたしなんて見えていないのね

 

そのまんまむらがって

お喋りを続けてる

 

 

 

 

 

 

 

通りすぎてから

 

 

 

 

ババア邪魔なんだよっ

 

って

 

ぽそっ

 

 

言った

 

 

 

 

 

胸が

 

 

スーッ

 

 

 とした

 

 

 

 

 

 

 

 

いつからかな

 

怒っちゃいけない

悪口言っちゃいけない

いい人でいよう

汚い言葉はやめよう

 

そうやって閉じ込めてきた自分

 

 

でも

 

わたし

 

言いたかった

 

 

ババア邪魔なんだよっ

 

って

 

 

 

 

 

 

でもね言っちゃダメだと思ったし

思うことさえダメだと信じてたの

 

 

わたしの中に

そんな汚ならしいわたしを

存在させてはいけない…

 

 

 

 

いやいや

ちゃんと見ましょうよ

汚い自分も綺麗な自分も

わたしです

笑ってる自分も泣いてる自分も

大切な大切なわたしです

 

 

 

 

ババア邪魔なんだよっ

って言った後

クスッと笑っちゃった

 

 

きっとわたしもああやって

友達と道を塞いで話してて

 

通りすぎる誰かに

邪魔なんだよっ

って言われるおばさんなんだよね

 

 

 

 

 

なんだかみんなが愛しくなって

 

あなたが待つ交差点へ

 

駆け出した

 

 

 

 

 

 

 

寒いけど

 

 

もうすぐ

 

 

 

 

 


f:id:iitan1115:20180216091058j:image

 

 

 

どんな気持ちも

 

 

許した時に

 

 

虹は 架かる

  

 

 

 

 

 

 

 

僕だけのメリークリスマス

 

 

久しぶりにライブに行ったの

ギターの上手な友達に誘われて

 

仲間たちが何人かで歌うから

もし良かったらおいで

 

 

雪がチラチラ降る中を

すべらないように一歩一歩踏みしめながら

 

 

あぁ

今年も終わっていくなぁ

今日はクリスマスイブイブ

明日サンタさんは

わたしに何を持ってきてくれるのかしら

 

 

そんな事を考えながら

ライブが開かれるバーに着いた

 

 

おおー

久しぶりーーっ

 

 

三年前にはよく会っていた人達が

集まっている

 

 

ごめんね

ずっと忙しかったの

ごめんね

なかなか来られなくて

 

 

謝りながら

 

 

暖かいバーで飲む冷たいビールと

みんなの変わらない笑顔に

ホッとした

 

 

 

わたしが自分だけに集中していた三年間

 

 

仲間はここに集まって

変わらずギターを弾いていたのだろう

 

 

何かになろうともがいていた

わたし

 

何にもなれなくていいから

表現しつづけてきた仲間たち

 

 

 

 

それでいいんだよね

 

 

何かにならなくていいんだよね

 

 

 

 

 

自分が

 

本当に歌いたい曲を

 

ただ奏でること

 

 

 

 

それ以上に

 

素敵なことなんてないんだ

 

 

 

 

 

 

見たことのない男の人がステージに上がった

 

まだ幼そうに見える笑顔に似合わない

大きな手がギターをつまびいた

 

 

メリークリスマス

メリークリスマス

メリークリスマス

for me 

 

 

 

知らない

この曲

 

長渕剛だよ

 

 

隣に座っていた友達が教えてくれた

 

 

 

メリークリスマス

メリークリスマス

メリークリスマス

for me

 

 

メリークリスマス

メリークリスマス

メリークリスマス

for me

 

 

 

 

 

彼の声が      胸に   響く

 

 

 

 

ずっとね

うつ だったんだよ

 

 

 

だあれも訪ねてこない精神病棟に

バーのマスターが

何度もお見舞いに行ったんだって

 

退院してからも

マスターが何度も何度も電話をかけて

 

 

三年ぶりの

今夜のステージなんだよ

 

 

 

友達の話を聞きながら

 

 

いま歌っている彼の中にある絶望が

希望に変わっていくのを

わたしは見た

 

 

わたしが自分探し  なんて

カッコつけ始めた頃

元気に歌っていた彼が

疲れきって入院して

またギターを弾けるようになるまでの

三年間

 

 

けっきょく

自分でいるしかない

と気がついただけのわたしの前で

 

この人は立ちあがり

またギターを握っている

 

 

そんな彼の歌を

 

じっと  聞いていた

 

 

 

 

メリークリスマス

メリークリスマス

メリークリスマス

 

 

 

そうだよ

 

 

 

僕だけのメリークリスマス

 

 

 

あなたは

 

あなただけの

 

 

わたしには

わたしだけの

 

 

 

素晴しさが   あるんだ

 

 

 

 

 

 

いつの間にか

 バーの中は大合唱

 

 

 

みんな声を張り上げて歌ってる

 

 

 

 

メリークリスマス

メリークリスマス

メリークリスマス

for me

 

 

メリークリスマス

メリークリスマス

メリークリスマス

 

 

 

 

for     

 

me

 

 

 

f:id:iitan1115:20171225140154j:image

 

 

 

メリークリスマス

 

 

どうぞ

 

 

 

あなただけの

 

 

クリスマスを

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりに空が青い朝

 

 

昨日は

 

とても疲れて

とてもしんどくて

なんだか久しぶりに

ダメな自分をいっぱい見つけたの

 

 

もう若くないしな

 

息子にも迷惑ばっかりかけてるしな

 

 

朝お弁当が間に合わなくて

おにぎり一個だけ持たせた息子の

無愛想な後ろ姿を思い出す

 

 

唐揚げとウインナーと玉子焼きの

定番の息子が大好きなお弁当を

作って持たせてあげたかった

 

 

わたしって

 

こんなに生きてきたのに

 

なんにもできない

 

 

 

そんな気持ちで一日が過ぎていった

 

 

 

夜ご飯はおでんを作って

待っていたけれど

 

 

 

 

やっぱり息子は

 

無愛想

 

 

 

いつもは気にならない

彼の態度が

 

 

おまえなんてダメなんだよ

 

と責めているように見えてくる

 

 

 

 

 

そんな夜は

 

 

 

早く

 

 

寝よう

 

 

 

 

 

お布団の中で

 

ひたひた

 

わたしを責めたいわたしの気持ちを

感じながら

 

 

 

 

そーだよねぇ

 

そんな日もあるよねぇ

 

 

 

 

 

ひたひたひたひた感じながら

 

 

 

 

 

 

 

それでも

 

 

 

 

 

今日もわたしの

 

 

 

 

 

大切な一日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝 目が覚めたら

 

 

 

 

青空だった

 

 

 

 

今朝のお弁当はいい感じ

 

 

 

 

今朝も息子は返事もしないけど

 

 

行ってらっしゃい

 

 

声をかけた彼の背中は

 

もう

 

わたしを責めていないよ

 

 

 

 

 

急いで仕事の支度をして

 

わたしも外へ飛び出すと

 

 

 

 

 

 

あぁ

 

 

 

なんて

 

 

 

なんて

 

 

 

青い 空

 

 

 

 

 青い青い          そら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満たされてる時

いろんなことがスムーズに進んで

なにもかもうまくいってる時

わたしは出来る!と自信に溢れている時

 

 

 

そんな時はもちろん幸せだけど

 

 

 

 

 

なんにもない

ダメなダメなわたしを見つけた時も

 

 

わたしの上に

拡がる空を見ていると

 

 

 

 

 

生きていて良かったと思う

 

生まれてきて良かったと思う

 

 

 

 

 

 

 

さぁ

 

 

今日も

 

わたしの一日が

 

 

 

始まる

 

 

 


f:id:iitan1115:20171208102221j:image

 

 

 

 

ダメでも

無器用でも

なんにもなくても

 

 

 

わたしにも

 

 

今日はやって来る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんなに辛かったのに 良い一日

 

 

昨日から嫌なことが続いて

わたしの振りかざした正義感は

見事にすかされた

 

え?

わたしが正しいって言ったよね?

だからその言葉を伝えた

 

 

なのに

まるで

知らん振り

 

 

まるくおさめたのね

 

 

まぁいーや

大人だし

大切な人じゃないし

 

 

まぁいーや

 

 

 

まぁ

 

 

 

いーや…

 

 

 

そんな気持ちのわたしは

誰にも大切にされない

 

わたしは

誤魔化さなくて良かったの

そんなのおかしい

って

あなたそう言いましたよね‼って

戦っても良かったの

 

 

 

まるくおさめようとしたのは

 

 

わたしもおんなじ

 

 

 

 

悲しい

 

 

 

 

 

 

自分を大切にしない日は

誰にも大切にされなくて

ひとりで

ぼんやりビールを飲んでる

 

 

 

 

でも

 

 

 

そろそろ

息子が帰ってくるから

 

残りものばかりのおかずだけど

急いで用意した

 

 

落ち込んでも

イライラしてても

夜ご飯は

 

ある方がいいもんね

 

 

 

 

 

 

わたしがこんなにしょぼくれてるのに

いつも通りのきみ

 

 

納豆を山盛りご飯にかけて

テレビ見ながらもりもり食べてる

 

ぼんやりしすぎて

しょっぱくなったお肉も

ちょっと焦げたキャベツも

特売で買った安っぽいソーセージも

ぜんぶぜんぶ

空っぽになるまで食べてくれて

 

 

 

 

それを見てるわたしは

 

 

なんだか

 

 

もりもり食べてる君を見てるわたしは

 

 

 

 

 

なんだか

 

 

 

 

 

もりもり元気が出てきた

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日からしょぼくれてた

 

 

今日もずっと  イラついていた

 

 

 

だけど

 

 

 

良い

 

 

一日に

なったね

 

 

 

 

なんでもない

毎日おんなじの

君を見てると

 

 

 

 

どうしてだろう

 

 

 

なんだか全ては優しくて

 

今日も

 

 

 

やっぱり

 

 

良い 一日

f:id:iitan1115:20171102234254j:image


 

 

笑おう

 

 

歌おう

 

 

 

 

今日と言う日に

 

 

ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かの笑顔の理由になる

 

 

お昼ご飯食べよう

 

めずらしくわたしから誘ってみたのは

 

この前友達と食べたお店のランチが

美味しくて

あなたに食べてもらいたかったから

 

 

 

外に出ると

 

ひどい土砂降り

 

 

 

でも

わくわくしてあなたの待つお店へ急いだ

 

 

 

わくわく

 

していたのに

 

あなた

ご機嫌が悪い

 

寝不足なの?

 

うん

 

疲れてるの?

 

うん

 

 

あなたを元気にしてあげたくて

楽しい話を繰り広げてみたけれど

返事も

しない…

 

 

わくわく

半分に減っちゃった

 

 

美味しいランチが運ばれてきたけれど

あなたの好きな味じゃなかったみたいで

ご機嫌はますます悪くなる

 

 

わたしのわくわくも

 

 

ゼロになっちゃった

 

 

 

 

美味しいねー

そう言って喜ぶあなたの笑顔が見たかったの

美味しいでしょー

そう言って喜ぶわたしの笑顔を

見てほしかったの

 

 

思い浮かべていた時間は

何ひとつ思い通りにはならなかったけど

 

 

土砂降りの中

仕事に戻るあなたの車を見送りながら

 

 

浮かんだ言葉を心に刻む

 

 

誰かの笑顔の理由になる

 

 

 

そんなわたしでいたいんだ

 

 

 

わたしはわたしが喜ぶよりも

 

誰かの笑顔の理由になりたい

 

 

 

そうやって今日まで生きてきた

そうやって明日も生きていく

 

 

 

 

たとえ

 

笑顔になってもらえなくても

 

 

笑顔の理由になることを

 

 

わたしはきっとまた

 

 

 

探すのでしょう

 

 

 

 

 


f:id:iitan1115:20171027111625j:image

 

 

 

晴れても

雨でも

曇りでも

 

 

 

わたしだけは

 

 

笑顔でいよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行きたい場所はあなたを待っている

 

 

テレビを見ていたら

エーゲ海の話をしていて

 

エーゲ海なんて

一生見ることないんだろうなぁ

 

そう思った

 

 

そう思った時点で

 

わたしの世界から

 

エーゲ海

 

 

 

消えた…

 

 

 

 

行けない場所は存在しない場所

 

だって

行く事はないのだから

わたしの世界には存在しない場所

 

 

 

けれど

 

わたしが

 

エーゲ海に行きたいと思って

飛行機を予約して

お金を払って

お金がなければ

誰かに頼んで

すがりついても

エーゲ海に行きたい行きたい行きたい

と叫び続ければ

 

 

 

わたしは

 

エーゲ海

 

 

行ける

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時初めて

 

エーゲ海

 

わたしの世界に

 

ちゃんと

存在するのです

 

 

 

 

 

 

 

行きたい場所はどこですか

 

行ける場所ではなくて

行きたい場所

本当に本当に行きたい場所なら

必ず必ず行けるのです

 

 

 

 

 

 

 

その場所は

 

 

 

あなたを

 

 

 

待っている

 

 

 

 


f:id:iitan1115:20171019215124j:image

 

 

 

 

行こう

 

 

 

飛ぼう

 

 

 

 

あなたの世界は

 

 

 

 

あなたを待っている