まるで少女みたいに恋をする

毎日は優しい奇跡で溢れてる 一緒に奇跡を見つけませんか

行きたい場所はあなたを待っている

 

 

テレビを見ていたら

エーゲ海の話をしていて

 

エーゲ海なんて

一生見ることないんだろうなぁ

 

そう思った

 

 

そう思った時点で

 

わたしの世界から

 

エーゲ海

 

 

 

消えた…

 

 

 

 

行けない場所は存在しない場所

 

だって

行く事はないのだから

わたしの世界には存在しない場所

 

 

 

けれど

 

わたしが

 

エーゲ海に行きたいと思って

飛行機を予約して

お金を払って

お金がなければ

誰かに頼んで

すがりついても

エーゲ海に行きたい行きたい行きたい

と叫び続ければ

 

 

 

わたしは

 

エーゲ海

 

 

行ける

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時初めて

 

エーゲ海

 

わたしの世界に

 

ちゃんと

存在するのです

 

 

 

 

 

 

 

行きたい場所はどこですか

 

行ける場所ではなくて

行きたい場所

本当に本当に行きたい場所なら

必ず必ず行けるのです

 

 

 

 

 

 

 

その場所は

 

 

 

あなたを

 

 

 

待っている

 

 

 

 


f:id:iitan1115:20171019215124j:image

 

 

 

 

行こう

 

 

 

飛ぼう

 

 

 

 

あなたの世界は

 

 

 

 

あなたを待っている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い通りにいかない最高

 

 

 

旅に出て

 

 


f:id:iitan1115:20171012135559j:image

 

 

一日が暮れる頃

 

 

懐かしい街に着いた

 

 


f:id:iitan1115:20171012135816j:image

 

 

あんなに忙しかった毎日をくぐり抜けて

 

やっと来たんだもの

 

楽しまなくちゃ

 

 


f:id:iitan1115:20171012140012j:image

 

 

美味しい泡盛

フルーツカクテル

 


f:id:iitan1115:20171012140353j:image

 

 

お祭りの人混み

 

 


f:id:iitan1115:20171012140440j:image

 

 

ここでしか見られない青い

 

 


f:id:iitan1115:20171012140524j:image

 

 

 

 

 

 

なのに

 

 

 

 

心がときめかないの

 

じーっと

うずくまってるの

 

 

 

あんなに楽しみにしていた旅

 

 

曇りだった天気予報は

びっくりするくらいの青空で

 

久しぶりに訪ねたお店のひと達は

信じられないくらい

優しかったのに

 

 

 

 

わたしだけが

 

 

固まっている

 

 

 

 

 

息を吸って

 

立ち止まった

 

 

頑張らないで

 

ホテルでお昼寝した

 

 

無理に出かけるのを止めて

 

ホテルでコンビニのご飯を食べた

 

 

 

 

いま

この街に来たから

勿体ないから

あそこもここも行かなくちゃ

 

その気持ちの奥に隠れてる

 

いま

眠たい

いま

休みたい

いま

ぼーっとしたい

 

 

その気持ちを

大切にした

 

 

 

 

思い通りにいきすぎる街で

思い通りにいかない気持ちを

抱きしめながら

 

 

 

少しずつ

 

 

少しずつ

 

 

 

 

 

わたしの心が

 

色づいていく

 

 

 

 

 

なんでもない小さな花が

 

あちこちに咲いている

 


f:id:iitan1115:20171012141626j:image

 

 

 

何回も聴いたはずの島唄

 

 

こんなにこんなに

 

 

 

心に

 

 

沁みる

 

 

 




f:id:iitan1115:20171012161102j:image


 

 

 

 

 

帰る日までずっと青空が続いた街

 

 

 


f:id:iitan1115:20171012142635j:image

 

 

 

思い通りにいかないわたしの心を

 

大切に大切にしてあげたから

 

 

 

 

 

わたしの心も

 

 

 

すっかり

 

 

 

 

青空

 

 

 

 

 

 

 

 



f:id:iitan1115:20171012155431j:image

 

 

 

 

またね

 

 

 

沖縄

 

 

 

またやーたい

 

沖縄

 

 

 

 

 

 

 

~7度目の沖縄の旅を終えて~

 

 

 

 

 

 

 

  

 

今 に 生きる

 

 

なんか

 

ミサイル飛んでくるなんて

 

冗談じゃないよ

 

 

 

こんなに綺麗なわたしの街に

ミサイル飛んでくるなんて止めてよ

 

 

Jアラートが鳴り響く朝

お弁当を作りながら

もしかして死んじゃうのかなぁ

と思った

 

あなたにラインしてみたけど

既読にならない

息子も起きてこない

 

みんな平和に寝てるのね

 

あと何秒でミサイルどこかに落ちるのかなぁ

 

もし

もしも

あと何秒かで死んじゃうのなら

楽しみにしていた旅に行けないよね

毎年行くコンサートも

年末 予約したホテルも

全部 無理

あなたとのワクワクする予定も

息子の未来も

全部 なくなって

 

わたしが心配していたあの事も

年を重ねていく不安も

全部

 

消える・・・

 

 

 

悩んでいた事はいつもいつもいつも

じゃない

 

 

明日のこと

これからのこと

まだまだ先のこと

 

 

でも

それって

もうすぐいなくなるなら

悩みじゃないんだ

 

あと何秒でいなくなるなら

なんにも出来ないかもしれないけれど

せめてあと何時間か

生きられるなら

 

大好きな人に大好きって言おう

恥ずかしがってないで

ありがとうって言おう

 

美味しいもの食べよう

太るから なんて我慢していたもの

ちゃんと食べよう

 

掃除も洗濯も放り投げて

好きなことしよう

今すぐしよう

 

 

 

わたしの悩みは

そんなちっぽけなものだったのね

 

 

 

 

Jアラートがまた鳴り響いて

 

ミサイルが通過したことを告げる

 

 

おはよう

 

 

あなたからラインが来る

 

 

 

おはよう

 

 

息子がくしゃくしゃの頭で起きてくる

 

 

 

いつも通りの朝が始まる

 

 

でも

 

わたしだけが

 

少し

 

違う

 

 

 

 

今に生きよう

 

今だけ

生きよう

 

 

つけっぱなしにしているテレビを消して

好きな音楽をかけた

お弁当作るのを一度止めて

美味しい珈琲を淹れた

 

 

わたしを

 

 

幸せにしてあげよう

 

 

 


f:id:iitan1115:20171005054833j:image

 

 

この世界を

 

味わうために

 

わたしは

 

生まれてきたのだから

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花束を自分へ贈ろう

 

 

綺麗な花が    好き

 

花の名前はあんまり知らないけれど

 

 

 

花と出逢う

 

朝の道

 


f:id:iitan1115:20170918163641j:image

 

 

 

 

あそこにも

 

 

f:id:iitan1115:20170918163742j:image

 

 

 

 

 

ここにも

 


f:id:iitan1115:20170918163709j:image

 

 

季節と一緒に咲いている花を見て

 

こんな風に

優しい風に揺れながら

こんな風に

誰かの心を癒せるわたしに

なりたいと思う

 

 

 

与えられた場所で

与えられた色で

思いっきり

咲きたい

 

 

 

誰かを待っているのは止めて

わたしはわたしを幸せにしようよ

いま生きてるこの場所で

わたしはわたしを大切にしようよ

 

 

 

 

花束が欲しいのなら

 

 

自分へ

 

 

贈ろう

 

 

 


f:id:iitan1115:20170918164210j:image

 

 

 

わたしが

 

 

最高の

 

 

花になる

 

 

 

 

 

   

 

 

虹が 生まれた

 

 

雨上がり

 

曇り空

 

また雨が降るかなぁ

 

 

 

なんだか足が少しだけ痛いのは

昨日歩きすぎたのかな

 

 

 

 

迷ったけれど

 

やっぱり

 

今日も歩こう

 

 

 

いつもなら15分で歩く道を

 

30分かけて

 

ゆっくり ゆっくり歩くの

 

 


f:id:iitan1115:20170913092256j:image

 

 

サイクリングロードを抜けて

 

 


f:id:iitan1115:20170913092336j:image

 

 

木の実の愛らしさに

立ち止まって

 

 


f:id:iitan1115:20170913092418j:image

 

 

小さな川のせせらぎに

 

 

癒されて

 

 

 

朝の中で

生まれ変わっていく

 

歩きながら

生まれ変わっていくわたし

 

 

嫌なことも

不安なことも

どこかに消えていく朝の道

 

 

わたしの中に

 

虹が

 

 

生まれた

 

 

 


f:id:iitan1115:20170913092842j:image

 

 

幸せは

 

いつも

 

わたしの中にある

 

 

 

 

 

 

   

 

 

言葉の後ろ

 

 

大好きな人に言われた

 

うるさい

 

 

 

 

 

悲しいね

こんなにあなたを励まそうとしてるのに

 

 

でも待って

 

 

 

その言葉の後ろに隠れている気持ち

 

知っていますか

 

 

もっと自分のために生きていいよ

そんなに気を使って喋らなくていいよ

 

 

 

 

 

そうなの?

 

 

 

 

 

息子に怒鳴られた

 

ご飯もう作らなくていーから‼

 

 

悔しいね

こんなに毎日頑張っていたのに

 

 

でも待って

 

 

その言葉の後ろに隠れている気持ち

 

わかりますか?

 

 

もう自分のためだけに生きていいよ

そんなに人のために頑張らなくていいよ

 

 

 そうなの?

 

 

 

 

 

 

 

いつも勝手に思い込んでしまう

 

嫌われてる

って

怒られた

って

 

 

あの時も

お父さん怒っていたんじゃなくて

わたしを心配していたのね

あの時も

お母さんわたしを嫌いになったんじゃなくて

涙見られたくなかったのね

 

 

 

 

言葉をそのまま受け止めると

わからないことがきっとある

 

 

 

 

どんな言葉を聞きたいですか

 

 

 

 

きっと誰もが

言葉の後ろに

あなたへの愛が溢れてる

 

 

見えないけれど

 

 

掴めないけれど

 

 

 

 


f:id:iitan1115:20170905221454j:image

 

 

 

言葉の後ろに隠れている

 

優しい想いを

 

受け止めて

 

 

 

 

 

 

 

 

オールをを自分の手に取り戻そう

 

 

 

まだ夢を見ていた頃は

 

なんにでもなれると思った

 

叶わないものはなくて

わたしの明日は輝いていた

 

今も夢を追いかけてるつもりでいたけれど

 

どこかで

制限していたの

 

もう若くはないし

使えるお金は決まっているし

失いたくないものはいっぱいあるし

 

今のままでも

 

いいじゃない

 

 

毎月行くあの街

春と秋に旅する いつか住みたい島

仕事は大好きで

まわりの人はみんな優しい

愛してる人がいて

愛されてるわたしがいる

 

 

 

 

これ以上

 

なにを

 

望むの?

 

 

 

 

 

 

わたし

 

後悔したくない

 

 

 

 

 

 

このままこのまま

幸せでいたいのに

このままこのままだと

後悔しそう

 

 

 

もっと

 

何かに

 

なりたい

 

 

 

 

もっと

 

輝いてる

 

わたしが

 

どこかに

 

いるはず

 

 

 

 

オールを握っているつもりで

いつのまにか手を放して

同じ場所をぐるぐる回っていたのは

 

 

わたし

 

 

 

 

人生のオールを自分の手に取り戻そう

 

本当に行きたい場所を目指していこう

 

 

 

 

それはただ

 

 

夢を取り戻すだけ

 

 

若さも

お金も

いまの自分の制限を越えて

 

 

なんにでもなれる

どこへでも行ける

 

 

 

 

そんな自分を

 

 

 

思い出すだけ

 

 


f:id:iitan1115:20170905092531j:image

 

 

 

新しい船出が

 

 

始まる 朝