まるで少女みたいに恋をする

毎日は優しい奇跡で溢れてる 一緒に奇跡を見つけませんか

上がらない肩 上がる気持ち

 

 

 

左の肩が上がらなくなったのは

三年前・・・

 

冬の始めにスリップした車と

わたしの車がぶつかって

軽いムチウチになったのね

 

ぶつかってきた人は何度も謝って

ちゃんと病院に通ってくださいって

言ったから

毎日毎日整形外科に通った

 

ジャニーズみたいな若い看護士さんが

わたしの担当になった

 

 

あのねぇ

首よりも左の肩がずっと痛いの

 

え?事故で肩も打ちましたか?

 

ううん

その前から上に上がらない

 

あ、

それ四十肩っすよ

 

 

 

一緒に笑ったけど

 

五十肩だよなぁ

四十歳なんてとっくに過ぎてるし…

そう思った

 

 

冗談も言えるようになった頃

首の治療が終わって

左の肩もいつの間にか痛みがなくなって

 

看護士さんとも

四十肩とも

 

わたしは さよならした

 

 

思ったのに

 

今年の雪どけあたりから

 

気がついたら

 

右肩が上がらない

 

 

 

痛みはどんどんひどくなって

肩から手首まで痛くなって

 

タオルも絞れない

夜も眠れない

 

左の四十肩よりずっとひどくて

 

あー

年をとったんだなぁ

 

 

鏡を見ると

なんだか目が優しくなってる

 

もっと目がキツかったよね

 

瞼が下がってきてるんだわね

 

 

 

あー

 

年をとったんだなぁ…

 

 

 

でも

でもね

 

 

わたしは最近生きてることが

とても心地好いの

 

笑っても怒っても

躓いても転んでも

わたしはわたしらしく生きている

 

 

こんな風になれたのは

 

多分

 

ここ三年くらいなんだ

 

 

 

だから

 

肩が上がらなくても

上がる気持ち

 

小皺がふえた分

幸せも増える

 

体重が増えた分

きっと優しさも増えてる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なーんてね

 

 

 

 

年を重ねて

どんどん自分に甘くなってくけれど

 

それもいい

どれもいい

何でもいい

 

 

上がらない肩と

上がる気持ちを抱きしめて

アンバランスなわたしのバランスを

とりながら

 

 

 

 

 

今日もとてもいい一日でした

 

 

 






f:id:iitan1115:20210416075622j:image





 

 

幸せは

年令と

 

比例するのよ

 

 

 

 

 

 

 

   

 

きみの オムライス

 

お誕生日だから何がほしい?

って

きみに聞いたら

何にもいらん

って

ラインが返ってきた

 

じゃあご飯食べにおいで

って返事したら

行く行くって言ってくれたから

 

息子と

お嫁さんの

もう娘だね

娘の

好きなもの作ろうと思って張り切った

 

しばらく自分のためにしか

お料理してなかったから

頭も手も動かないけど

朝からタンタントントン野菜を切って

段取り考えて

その合間にお掃除して

 

なのに

 

 

思ったように

 

 

出来なかったんだ

 

 

 

きみたちが来た時には

 

 

ジャンジャジャーン‼

 

 

びっくりするようなお料理が

並んでるはずだったのに

 

 

ハンバーグはまだフライパンの中

 

ピザは焼けてないし

 

サラダはレタスだけ

 

オムライスはやっと

ケチャップご飯を炒めてる段階

 

揚げてたフライドポテトを

うまいうまいって

食べてくれる二人に感謝しながら

 

ごめんねー

いまオムライスも出来るから

 

グッチさんのオムライス?

 

え?

グッチさん?

 

 

 

 

あぁ

グッチ祐三さんのオムライスかぁ

 

 

 

それは

 

いつの頃かしら?

 

きみがまだ小学生くらいの時

グッチ祐三さんの料理番組があって

ご飯を玉子に混ぜて

オムレツみたいに焼き上げる

グッチさんのオムライスを見て

食べたいって言ったから

 

よしよし作ろうってわたしは思った

 

 

グッチさんのオムライスは

わたしにしてはすごくうまく出来て

グッチさんのレシピがもちろん

美味しいのだけど

 

きみはとっても喜んだ

 

 

あれから

 

 

何年たったのだろう…

 

 

覚えていたんだね

グッチさんのオムライス

 

 

 

わたしが作った

グッチさんのオムライス

 

 

なんだか泣きそうになりながら

グッチさんのオムライスを

もう一度作ろうと思った

 

炒めてあったケチャップご飯を

玉子4個に混ぜて

オムレツみたいに焼き上げる

 

 

 

あぁ

 

なんか

 

うまくいかない

 

平野レミさんに助けてほしい

 

 

けっきょく

半分オムレツ半分ケチャップご飯みたいな

不恰好なオムライスが出来て

 

わたしはとても悲しくなった

 

 

久しぶりの息子夫婦とのご飯

お誕生日前夜祭なのに

なんでわたし

お料理下手くそなんだろうーーー

 

 

買ってあったケーキに蝋燭を灯して

HAPPYBIRTHDAYを歌って

恥ずかしがりながら

きみがローソクを吹き消して

 

おめでとう

 

一緒に暮らしていた頃は

お誕生日なんて

やったことなかったよね?

 

 

ごめんね

ごめんね

 

きみがどんなに恥ずかしがっても

ケーキくらい

一緒に食べれば良かった

 

良かったけど・・・

 

 

まぁいいか

 

 

 

こんなに幸せになってるんだから

きみも

わたしも

 

 

こんなに幸せになったんだから

 

 

 

 

 

次の日

 

 

きみからラインがきた

 

 

 

 

昨日は美味しかったです

ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

ありがとう

 

こっちの台詞です

 

 

 

 

 

何年も前に一度だけ作った

グッチさんのオムライス

美味しかった‼って

覚えていてくれたきみに

 

 

本当に

 

 

ありがとう

 

 

 

 

 

お誕生日おめでとう

 

 

 

もうすぐお父さんになる

 

 

きみが

 

 

素敵な一年を送れますように

 

 


f:id:iitan1115:20210223212314j:image

 

 

 

一人立ちした日のこと

 

 

 

 

忘れないよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

孤独のグルメ

 

一月はまったりと始まって

 

このまま今年は流れていくのかな

と思ったら

 

急に忙しくなった

 

 

自粛してくださいって

いくら言われたって

仕事はします‼フリーランスですもの

 

マスクしながら喋るのは本当に苦しい

 

でも

 

仕事に夢中になると

苦しさなんて忘れてしまうの

 

わたしはいつも

息苦しさより

生きやすさにフォーカスするみたい

うん

うん

それは

良いところだよね

 

どんなに忙しくても

 

ちゃんと寝て

ちゃんと食べて

ちゃんとビール飲めば元気なわたしが

 

あまりに忙しくて睡眠時間が減った

 

ビールはプシュッと開けるけど

お料理する元気がなくて

この前なんて

冷蔵庫ガサガサあさったら

エンゼルパイが出てきたんだ

 

それをおつまみにして

ビールを飲んだら

 

 

 

思ったより

 

 

合う

 

 

合う

 

 

けど

 

 

なんだか

 

 

ダメだな

 

 

 

って思った

 

 

 

 

 

こんなの

 

 

 

ダメだよね・・・

 

 

 

 

なーんて毎日を送ってるうちに

忙しい日々は終わって

エンゼルパイとビールは合うって話を

笑いながらラインできる時間が

戻ってきた

 

 

わたしはまた

 

仕事しながら

 

お料理もできるし

出掛ける時間も戻ってきた

 

 

だけど

 

 

戻らないものがある

 

 

 

ソーシャルディスタンス

 

 

 

ひとりご飯にも慣れたけど

 

 

 

孤独のグルメを見すぎてるせいか

 

 

めちゃめちゃ感想を言っている

 

 

 


f:id:iitan1115:20210213190056j:image

 

あー

この枝豆の茹で加減は最高です

 

とか

 

日帰り温泉のレストランで

こんなにジューシーなから揚げが

あるなんて大当たりっ

とか

 


f:id:iitan1115:20210213190153j:image

 

プチトマトを豚肉で巻いて焼くなんて

考えた人は天才‼とか

餃子は人類の大発明‼とか

 


f:id:iitan1115:20210213190305j:image

 

スープカレーの名前は

野菜もっこりカレーにすればいい

とか

 


f:id:iitan1115:20210213190501j:image

 

カニを酢で食べるなんて

堪忍す・・・

 

 

とか

 

 

ひとりでブツブツ心の中で喋ってる

 

 

 

俺の食事に密はない

ってゴローさん言ってたけど

わたしの食事にも密はないよ

 

 

 

 

でもね

それでもね

 

作ってくれる人がいて

運んでくれる人がいて

お料理してくれる人がいて

開いてるお店があるからこそ

 

わたしも

 

孤独のグルメになれるんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ

自粛

 

 

 

 

でも頑張りましょう

 

 

 

 

エンゼルパイとビールで

過ごさなくてもいいのは

大変な中で頑張ってくれる

あなた達がいてくれるからです

 

 

 

今日もいっぱい感謝して

 

 

心からの

 

 

 

 

いただきます

 

 

 

 

 


f:id:iitan1115:20210213191305j:image

 

 

 

 

とりあえず

 

 

 

 

ビールね

 

 

 

 

 

 

 

変わる季節

 

紅葉が本当に綺麗だった

 


f:id:iitan1115:20201207092741j:image

 

それはついこの前

 

冷たい風が落ち葉を撒き散らして

小さな竜巻が出来ているのを

じっと見つめてたら

 

はやくー

 

坂を登ろうとしてるあなたに呼ばれた

 

さむいねー

 

鼻を赤くして

坂道を駆け上がると

わたしの住む街が拡がっていた

 


f:id:iitan1115:20201207093109j:image

 

f:id:iitan1115:20201207093126j:image

 

寒いのに

風は冷たいのに

体がポカポカしてきて

心はもっとあったかかった

 

 

なんでここに来たんだっけ?

なんで?

なんで?

 

二人で笑っちゃった

 

 

 

紅葉見たいって言ってたでしょ

 

車に戻ってから

あなたがポツンと言った

 

 

へぇ

 

へぇ

そうかぁ

 

 

 

覚えていてくれたんだ

 

 

 

なんにも答えないまま

車は走り始めたけれど

 

今度はほっぺがちょっと赤くなりそう

 

紅葉見たいって言ったこと

覚えていてくれたんだ・・・

 

 

あったまるもの食べたいね

 

うどん

鍋焼うどん

味噌煮込みうどん

あっ

 

カレーうどんっ‼

 

声が揃ったところで

さぁ久しぶりのカレーうどん

 


f:id:iitan1115:20201207181551j:image

 

 

うわぁぁぁー

 

美味しそうっ

 

 

紙エプロンつけてね

はふっはふっふぅふぅ

 

初めてのデートならちょっと

食べづらいかもね

そんなこと話しながら

もうずっとそばにいてくれる

あなたの顔を見た

 

あったくて美味しくて

 

毎日があったかくて優しくて

 

これから冬に向かうことさえ

幸せに感じてた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっと言う間に

 

 

 

 

 

秋は駆け抜けて

 

 

 

 

赤く色づいた葉は落ちて

 

 

 

 

 

季節は

 

 

変わった

 

 

 

 

 

 

 

あの日に帰りたくなるくらい

 

二人にいろんなことがあった

 

 

 

 

今は少しだけ距離を置いて

 

 

 

 

ソーシャルディスタンス

 

 

 

 

 

 

 

 

変わっていく季節のなかでも

 

二人は

変わらないって

 

 

 

 

 

誰か

言って

 


f:id:iitan1115:20201207222530j:image

 

 

あなたを見ていた季節から

 

 

 

わたしの心だけを見つめる季節が

 

 

はじまっていく

 

 

 

 

 

 

 

 

先に帰るね

 

ずっと一緒にいたいけど

先に帰るね

 

明日は仕事

あなたも仕事

 

仕事って大事だもん

仕事大好きだし

 

 

 

 

本当は・・・

 

 

ギリギリまでそばにいようかなって

企んでたのよ

一分でも一秒でも多く

あなたの傍で笑ってたくて

コロコロ笑ってたくて

 

 

早起きすれば明日帰っても間に合うかなぁ

 

それならどんなに早起きしても辛くない

 

ギリギリまで

 

迷ってた

 

 

 

 

 

 

夕方のJRに乗ることにしたの

 

 

ホテルの部屋を片付けて

荷作りして

キャリーケースにいろんなもの

詰めて

想い出までキチキチに詰めて

 

 

すぐにまた逢えるでしょ?

すぐにまた逢えるもの

心の中で同じ言葉を繰り返しながら

ひとりで歩く駅までの道

 

 

なんだか

 

 

泣いてしまいそう

 

 

 

戻りたい

いま来た道を

 

ポケットの切符を握りしめるの

 

明日の朝に変えてもらったら

引き返せる

あなたのところへ

あと半日

一緒にいられる

 

 

それは

 

とても

心がときめくチャレンジだけれど…

 

 

 

 

やっぱり

帰るね

 

先に帰るね

 

 

 

 

時間は

 

ちゃあんと流れていって

 

またあなたとわたしを

 

繋いでいくんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも

 

 

列車の中で

 

 

帰るね

って

あなたにラインしたら

 

 

いっぱい

 

 

涙がこぼれた

 

 

 

 

 



f:id:iitan1115:20201002193613j:image

 

 

 

列車の窓から見える空は

 

 

 

なんて綺麗なんだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今 の 一秒後

 

自由に出かけられなくて

ニュースは不安を駆り立てるだけ

何を見ても聞いても

明日はどうなるんだろう

って気持ちになったら

 

一秒後のことだけ

考えればいい

 

一秒後

わたしはきっと元気

一秒後

いま

飲んでるカフェラテは美味しいまま

一秒後

あなたからラインが来たら

一秒後

きっとほっこりして笑ってる

きらきら大切な一秒が積み重なって

わたしの明日を創ってく

 

こんな風に世界が変わる前から

明日生きてるかなんてわからなかったし

老後の不安はあったでしょ

 

だから

いま

空を見上げて

一秒後も

空は青空

いつかは曇ったり雨も降るけど

一秒後の空は青空

 

こんな風に世界が変わったから

生きてることに感謝溢れて

なんでもない日常が

奇跡のように感じる

 

 

わたしたちは

とても大切なことを思い出してる

 

 

それでも

辛くてたまらなくなって泣きたくなったら

 

思いきり泣こうね

不安だよー

いやだよーって叫ぼうね

 

心の中にあるもの全て

大切に感じてあげたら

 

 

一秒後

 

 

あなたはきっと

 

 

笑ってる

 

 

 

 

 

 



f:id:iitan1115:20200403093620j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

大人さまランチ

 

外出禁止って言われても

お昼ご飯は食べなきゃいけないし

夜は外出できないから

せめて美味しいもの食べたいな

 

 

大人さまランチ

 

 

 

午前中でお仕事は終わったし

 

ごめんね

時間があまり無いのか

急いで食べてるお隣のお客さんたち

 

わたし

ビールを飲んじゃいます

 

そしてねそしてね

 

 

 


f:id:iitan1115:20200317140453j:image

 

 

あーっテンション上がるっ‼

 

 

ハンバーグと

カニクリームコロッケ

ナポリタンと

グラタン

 

 

子供の頃大好きだったものばかり

今も大好きなものばかり

 

 

あのね

ランチの女王ってドラマ知ってる?

あのドラマに出てくるお料理が

とっても美味しそうで

竹内結子が食べてる姿がとっても可愛くて

だから今日のわたしは

竹内結子になりきって食べます‼

 

ハンバーグ

ビール

カニクリームコロッケ

ビール

グラタン

ビール

ナポリタン

ビール

 

 

 

美味しいなぁ

美味しいね

 

 

ハンバーグは多分合い挽き

パン粉が多めで優しい味がする

カニクリームコロッケの下には

タルタルソースがたっぷり~

グラタンに隠れてるウレン草は

バターで炒めてるのかな

しっとりしてるのにコクがある

ナポリタンには

いっぱい粉チーズをかけるのだー

 

 

 

 

 

 

いろんなこと

 

あるよね

 

 

不安だし

ビビっちゃうし

これからどうなるのかな

って

きっと

みんな

思ってる

 

 

 

だから

 

 

 

美味しいランチを食べるのだ

 

 

 

味わってテンション上げるのだ

 

 

 

 

大変な中でランチを作ってくれる

シェフにありがとう

もしかしたらお子さんお留守番させて

仕事に来てくれてる

ウェイトレスさんにありがとう

 

みんなみんな

それぞれの役割を頑張ってくれるから

こんなに美味しいご飯が食べられる

 

 

まだまだ

 

わたしも

 

頑張れる

 

 

 

未来がどうなるかわからないけど

いま幸せを見つける努力が

一瞬一瞬積み重なって

明るい明日がやってくると信じたい

 

 

 

 

 

ごちそうさまでした

 

 

お店を出ると

 

おなかいっぱい

ピール一杯でいい気分

 

 

 

さぁ

 

 

明日も働くよ

 

 

 

 

 

わたしのために

 

みんなのために