まるで少女みたいに恋をする

毎日は優しい奇跡で溢れてる 一緒に奇跡を見つけませんか

僕だけのメリークリスマス

 

 

久しぶりにライブに行ったの

ギターの上手な友達に誘われて

 

仲間たちが何人かで歌うから

もし良かったらおいで

 

 

雪がチラチラ降る中を

すべらないように一歩一歩踏みしめながら

 

 

あぁ

今年も終わっていくなぁ

今日はクリスマスイブイブ

明日サンタさんは

わたしに何を持ってきてくれるのかしら

 

 

そんな事を考えながら

ライブが開かれるバーに着いた

 

 

おおー

久しぶりーーっ

 

 

三年前にはよく会っていた人達が

集まっている

 

 

ごめんね

ずっと忙しかったの

ごめんね

なかなか来られなくて

 

 

謝りながら

 

 

暖かいバーで飲む冷たいビールと

みんなの変わらない笑顔に

ホッとした

 

 

 

わたしが自分だけに集中していた三年間

 

 

仲間はここに集まって

変わらずギターを弾いていたのだろう

 

 

何かになろうともがいていた

わたし

 

何にもなれなくていいから

表現しつづけてきた仲間たち

 

 

 

 

それでいいんだよね

 

 

何かにならなくていいんだよね

 

 

 

 

 

自分が

 

本当に歌いたい曲を

 

ただ奏でること

 

 

 

 

それ以上に

 

素敵なことなんてないんだ

 

 

 

 

 

 

見たことのない男の人がステージに上がった

 

まだ幼そうに見える笑顔に似合わない

大きな手がギターをつまびいた

 

 

メリークリスマス

メリークリスマス

メリークリスマス

for me 

 

 

 

知らない

この曲

 

長渕剛だよ

 

 

隣に座っていた友達が教えてくれた

 

 

 

メリークリスマス

メリークリスマス

メリークリスマス

for me

 

 

メリークリスマス

メリークリスマス

メリークリスマス

for me

 

 

 

 

 

彼の声が      胸に   響く

 

 

 

 

ずっとね

うつ だったんだよ

 

 

 

だあれも訪ねてこない精神病棟に

バーのマスターが

何度もお見舞いに行ったんだって

 

退院してからも

マスターが何度も何度も電話をかけて

 

 

三年ぶりの

今夜のステージなんだよ

 

 

 

友達の話を聞きながら

 

 

いま歌っている彼の中にある絶望が

希望に変わっていくのを

わたしは見た

 

 

わたしが自分探し  なんて

カッコつけ始めた頃

元気に歌っていた彼が

疲れきって入院して

またギターを弾けるようになるまでの

三年間

 

 

けっきょく

自分でいるしかない

と気がついただけのわたしの前で

 

この人は立ちあがり

またギターを握っている

 

 

そんな彼の歌を

 

じっと  聞いていた

 

 

 

 

メリークリスマス

メリークリスマス

メリークリスマス

 

 

 

そうだよ

 

 

 

僕だけのメリークリスマス

 

 

 

あなたは

 

あなただけの

 

 

わたしには

わたしだけの

 

 

 

素晴しさが   あるんだ

 

 

 

 

 

 

いつの間にか

 バーの中は大合唱

 

 

 

みんな声を張り上げて歌ってる

 

 

 

 

メリークリスマス

メリークリスマス

メリークリスマス

for me

 

 

メリークリスマス

メリークリスマス

メリークリスマス

 

 

 

 

for     

 

me

 

 

 

f:id:iitan1115:20171225140154j:image

 

 

 

メリークリスマス

 

 

どうぞ

 

 

 

あなただけの

 

 

クリスマスを

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりに空が青い朝

 

 

昨日は

 

とても疲れて

とてもしんどくて

なんだか久しぶりに

ダメな自分をいっぱい見つけたの

 

 

もう若くないしな

 

息子にも迷惑ばっかりかけてるしな

 

 

朝お弁当が間に合わなくて

おにぎり一個だけ持たせた息子の

無愛想な後ろ姿を思い出す

 

 

唐揚げとウインナーと玉子焼きの

定番の息子が大好きなお弁当を

作って持たせてあげたかった

 

 

わたしって

 

こんなに生きてきたのに

 

なんにもできない

 

 

 

そんな気持ちで一日が過ぎていった

 

 

 

夜ご飯はおでんを作って

待っていたけれど

 

 

 

 

やっぱり息子は

 

無愛想

 

 

 

いつもは気にならない

彼の態度が

 

 

おまえなんてダメなんだよ

 

と責めているように見えてくる

 

 

 

 

 

そんな夜は

 

 

 

早く

 

 

寝よう

 

 

 

 

 

お布団の中で

 

ひたひた

 

わたしを責めたいわたしの気持ちを

感じながら

 

 

 

 

そーだよねぇ

 

そんな日もあるよねぇ

 

 

 

 

 

ひたひたひたひた感じながら

 

 

 

 

 

 

 

それでも

 

 

 

 

 

今日もわたしの

 

 

 

 

 

大切な一日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝 目が覚めたら

 

 

 

 

青空だった

 

 

 

 

今朝のお弁当はいい感じ

 

 

 

 

今朝も息子は返事もしないけど

 

 

行ってらっしゃい

 

 

声をかけた彼の背中は

 

もう

 

わたしを責めていないよ

 

 

 

 

 

急いで仕事の支度をして

 

わたしも外へ飛び出すと

 

 

 

 

 

 

あぁ

 

 

 

なんて

 

 

 

なんて

 

 

 

青い 空

 

 

 

 

 青い青い          そら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

満たされてる時

いろんなことがスムーズに進んで

なにもかもうまくいってる時

わたしは出来る!と自信に溢れている時

 

 

 

そんな時はもちろん幸せだけど

 

 

 

 

 

なんにもない

ダメなダメなわたしを見つけた時も

 

 

わたしの上に

拡がる空を見ていると

 

 

 

 

 

生きていて良かったと思う

 

生まれてきて良かったと思う

 

 

 

 

 

 

 

さぁ

 

 

今日も

 

わたしの一日が

 

 

 

始まる

 

 

 


f:id:iitan1115:20171208102221j:image

 

 

 

 

ダメでも

無器用でも

なんにもなくても

 

 

 

わたしにも

 

 

今日はやって来る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんなに辛かったのに 良い一日

 

 

昨日から嫌なことが続いて

わたしの振りかざした正義感は

見事にすかされた

 

え?

わたしが正しいって言ったよね?

だからその言葉を伝えた

 

 

なのに

まるで

知らん振り

 

 

まるくおさめたのね

 

 

まぁいーや

大人だし

大切な人じゃないし

 

 

まぁいーや

 

 

 

まぁ

 

 

 

いーや…

 

 

 

そんな気持ちのわたしは

誰にも大切にされない

 

わたしは

誤魔化さなくて良かったの

そんなのおかしい

って

あなたそう言いましたよね‼って

戦っても良かったの

 

 

 

まるくおさめようとしたのは

 

 

わたしもおんなじ

 

 

 

 

悲しい

 

 

 

 

 

 

自分を大切にしない日は

誰にも大切にされなくて

ひとりで

ぼんやりビールを飲んでる

 

 

 

 

でも

 

 

 

そろそろ

息子が帰ってくるから

 

残りものばかりのおかずだけど

急いで用意した

 

 

落ち込んでも

イライラしてても

夜ご飯は

 

ある方がいいもんね

 

 

 

 

 

 

わたしがこんなにしょぼくれてるのに

いつも通りのきみ

 

 

納豆を山盛りご飯にかけて

テレビ見ながらもりもり食べてる

 

ぼんやりしすぎて

しょっぱくなったお肉も

ちょっと焦げたキャベツも

特売で買った安っぽいソーセージも

ぜんぶぜんぶ

空っぽになるまで食べてくれて

 

 

 

 

それを見てるわたしは

 

 

なんだか

 

 

もりもり食べてる君を見てるわたしは

 

 

 

 

 

なんだか

 

 

 

 

 

もりもり元気が出てきた

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日からしょぼくれてた

 

 

今日もずっと  イラついていた

 

 

 

だけど

 

 

 

良い

 

 

一日に

なったね

 

 

 

 

なんでもない

毎日おんなじの

君を見てると

 

 

 

 

どうしてだろう

 

 

 

なんだか全ては優しくて

 

今日も

 

 

 

やっぱり

 

 

良い 一日

f:id:iitan1115:20171102234254j:image


 

 

笑おう

 

 

歌おう

 

 

 

 

今日と言う日に

 

 

ありがとう

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かの笑顔の理由になる

 

 

お昼ご飯食べよう

 

めずらしくわたしから誘ってみたのは

 

この前友達と食べたお店のランチが

美味しくて

あなたに食べてもらいたかったから

 

 

 

外に出ると

 

ひどい土砂降り

 

 

 

でも

わくわくしてあなたの待つお店へ急いだ

 

 

 

わくわく

 

していたのに

 

あなた

ご機嫌が悪い

 

寝不足なの?

 

うん

 

疲れてるの?

 

うん

 

 

あなたを元気にしてあげたくて

楽しい話を繰り広げてみたけれど

返事も

しない…

 

 

わくわく

半分に減っちゃった

 

 

美味しいランチが運ばれてきたけれど

あなたの好きな味じゃなかったみたいで

ご機嫌はますます悪くなる

 

 

わたしのわくわくも

 

 

ゼロになっちゃった

 

 

 

 

美味しいねー

そう言って喜ぶあなたの笑顔が見たかったの

美味しいでしょー

そう言って喜ぶわたしの笑顔を

見てほしかったの

 

 

思い浮かべていた時間は

何ひとつ思い通りにはならなかったけど

 

 

土砂降りの中

仕事に戻るあなたの車を見送りながら

 

 

浮かんだ言葉を心に刻む

 

 

誰かの笑顔の理由になる

 

 

 

そんなわたしでいたいんだ

 

 

 

わたしはわたしが喜ぶよりも

 

誰かの笑顔の理由になりたい

 

 

 

そうやって今日まで生きてきた

そうやって明日も生きていく

 

 

 

 

たとえ

 

笑顔になってもらえなくても

 

 

笑顔の理由になることを

 

 

わたしはきっとまた

 

 

 

探すのでしょう

 

 

 

 

 


f:id:iitan1115:20171027111625j:image

 

 

 

晴れても

雨でも

曇りでも

 

 

 

わたしだけは

 

 

笑顔でいよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行きたい場所はあなたを待っている

 

 

テレビを見ていたら

エーゲ海の話をしていて

 

エーゲ海なんて

一生見ることないんだろうなぁ

 

そう思った

 

 

そう思った時点で

 

わたしの世界から

 

エーゲ海

 

 

 

消えた…

 

 

 

 

行けない場所は存在しない場所

 

だって

行く事はないのだから

わたしの世界には存在しない場所

 

 

 

けれど

 

わたしが

 

エーゲ海に行きたいと思って

飛行機を予約して

お金を払って

お金がなければ

誰かに頼んで

すがりついても

エーゲ海に行きたい行きたい行きたい

と叫び続ければ

 

 

 

わたしは

 

エーゲ海

 

 

行ける

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その時初めて

 

エーゲ海

 

わたしの世界に

 

ちゃんと

存在するのです

 

 

 

 

 

 

 

行きたい場所はどこですか

 

行ける場所ではなくて

行きたい場所

本当に本当に行きたい場所なら

必ず必ず行けるのです

 

 

 

 

 

 

 

その場所は

 

 

 

あなたを

 

 

 

待っている

 

 

 

 


f:id:iitan1115:20171019215124j:image

 

 

 

 

行こう

 

 

 

飛ぼう

 

 

 

 

あなたの世界は

 

 

 

 

あなたを待っている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思い通りにいかない最高

 

 

 

旅に出て

 

 


f:id:iitan1115:20171012135559j:image

 

 

一日が暮れる頃

 

 

懐かしい街に着いた

 

 


f:id:iitan1115:20171012135816j:image

 

 

あんなに忙しかった毎日をくぐり抜けて

 

やっと来たんだもの

 

楽しまなくちゃ

 

 


f:id:iitan1115:20171012140012j:image

 

 

美味しい泡盛

フルーツカクテル

 


f:id:iitan1115:20171012140353j:image

 

 

お祭りの人混み

 

 


f:id:iitan1115:20171012140440j:image

 

 

ここでしか見られない青い

 

 


f:id:iitan1115:20171012140524j:image

 

 

 

 

 

 

なのに

 

 

 

 

心がときめかないの

 

じーっと

うずくまってるの

 

 

 

あんなに楽しみにしていた旅

 

 

曇りだった天気予報は

びっくりするくらいの青空で

 

久しぶりに訪ねたお店のひと達は

信じられないくらい

優しかったのに

 

 

 

 

わたしだけが

 

 

固まっている

 

 

 

 

 

息を吸って

 

立ち止まった

 

 

頑張らないで

 

ホテルでお昼寝した

 

 

無理に出かけるのを止めて

 

ホテルでコンビニのご飯を食べた

 

 

 

 

いま

この街に来たから

勿体ないから

あそこもここも行かなくちゃ

 

その気持ちの奥に隠れてる

 

いま

眠たい

いま

休みたい

いま

ぼーっとしたい

 

 

その気持ちを

大切にした

 

 

 

 

思い通りにいきすぎる街で

思い通りにいかない気持ちを

抱きしめながら

 

 

 

少しずつ

 

 

少しずつ

 

 

 

 

 

わたしの心が

 

色づいていく

 

 

 

 

 

なんでもない小さな花が

 

あちこちに咲いている

 


f:id:iitan1115:20171012141626j:image

 

 

 

何回も聴いたはずの島唄

 

 

こんなにこんなに

 

 

 

心に

 

 

沁みる

 

 

 




f:id:iitan1115:20171012161102j:image


 

 

 

 

 

帰る日までずっと青空が続いた街

 

 

 


f:id:iitan1115:20171012142635j:image

 

 

 

思い通りにいかないわたしの心を

 

大切に大切にしてあげたから

 

 

 

 

 

わたしの心も

 

 

 

すっかり

 

 

 

 

青空

 

 

 

 

 

 

 

 



f:id:iitan1115:20171012155431j:image

 

 

 

 

またね

 

 

 

沖縄

 

 

 

またやーたい

 

沖縄

 

 

 

 

 

 

 

~7度目の沖縄の旅を終えて~

 

 

 

 

 

 

 

  

 

今 に 生きる

 

 

なんか

 

ミサイル飛んでくるなんて

 

冗談じゃないよ

 

 

 

こんなに綺麗なわたしの街に

ミサイル飛んでくるなんて止めてよ

 

 

Jアラートが鳴り響く朝

お弁当を作りながら

もしかして死んじゃうのかなぁ

と思った

 

あなたにラインしてみたけど

既読にならない

息子も起きてこない

 

みんな平和に寝てるのね

 

あと何秒でミサイルどこかに落ちるのかなぁ

 

もし

もしも

あと何秒かで死んじゃうのなら

楽しみにしていた旅に行けないよね

毎年行くコンサートも

年末 予約したホテルも

全部 無理

あなたとのワクワクする予定も

息子の未来も

全部 なくなって

 

わたしが心配していたあの事も

年を重ねていく不安も

全部

 

消える・・・

 

 

 

悩んでいた事はいつもいつもいつも

じゃない

 

 

明日のこと

これからのこと

まだまだ先のこと

 

 

でも

それって

もうすぐいなくなるなら

悩みじゃないんだ

 

あと何秒でいなくなるなら

なんにも出来ないかもしれないけれど

せめてあと何時間か

生きられるなら

 

大好きな人に大好きって言おう

恥ずかしがってないで

ありがとうって言おう

 

美味しいもの食べよう

太るから なんて我慢していたもの

ちゃんと食べよう

 

掃除も洗濯も放り投げて

好きなことしよう

今すぐしよう

 

 

 

わたしの悩みは

そんなちっぽけなものだったのね

 

 

 

 

Jアラートがまた鳴り響いて

 

ミサイルが通過したことを告げる

 

 

おはよう

 

 

あなたからラインが来る

 

 

 

おはよう

 

 

息子がくしゃくしゃの頭で起きてくる

 

 

 

いつも通りの朝が始まる

 

 

でも

 

わたしだけが

 

少し

 

違う

 

 

 

 

今に生きよう

 

今だけ

生きよう

 

 

つけっぱなしにしているテレビを消して

好きな音楽をかけた

お弁当作るのを一度止めて

美味しい珈琲を淹れた

 

 

わたしを

 

 

幸せにしてあげよう

 

 

 


f:id:iitan1115:20171005054833j:image

 

 

この世界を

 

味わうために

 

わたしは

 

生まれてきたのだから