まるで少女みたいに恋をする

毎日は優しい奇跡で溢れてる 一緒に奇跡を見つけませんか

いろんなことがあっても世界は優しい

 

 

 

旅に出た

 

 

f:id:iitan1115:20191127175221j:image

 

もう真っ暗になった空を見ながら

冬の列車に飛び乗って

出来れば夕焼けが見たかった

なんて思いながら

窓に写る缶ビールをじっと見つめて

 

旅に出た

 

 

 

 

母が倒れたのは1ヶ月以上前

最初はただの骨折だったのに

どんどん悪くなって

集中治療室まで運ばれて

何本も管が体に通された

 

ばあちゃん危ないからっ

 

慌ててやって来た息子に

母は笑顔で言った

 

ばあちゃんもうきっと煙草吸えないから

ばあちゃん家にある煙草

帰りに寄って持ってきなさい

 

そんな言葉聞いたら

わたし涙でぐしゃぐしゃになる

 

お母さん

もう一度煙草吸おうね

お家に帰ろうね

 

 

その言葉どおり

 

 

母は奇跡的に回復して

さすがに煙草は吸えないけれど

退院できるかもしれない

 

でも退院しても介護はきっと必要で

今までのようにはいかないよね

 

 

そんな気持ちのまま

 

旅に出た

 

 

列車はゆっくり走る

ゆっくりに感じるだけなのかな

 

隣の席は空席で

通路の向こうに座ってるおじさんは

ホットゆずレモン飲んでいる

 

音がしないように

そっと缶ビールを開けた

 

美味しい…

 

 

いろんな事があったこの一カ月

母の事だけじゃなく

ものすごくいろんな事があった

帰ってからも

やらなきゃいけない事はいっぱいあって

考えると少し憂鬱になるけれど

いまは

 

冷たいビールと

 

ガタンゴトン

 

列車のリズムと

 

待っている友達の笑顔が浮かんでくるから

 

やっぱり

 

旅に出て良かった・・・

 

 

 

 

いろんな事      あるよね

 

生きてると

 

 

 

辛い事も

逃げたくなる事もあるよね

 

 

 

だけど

わたしがわたしを大切にしてあげる限り

きっと世界はわたしに優しい

わたしがわたしを幸せでくるんだ分だけ

きっと世界はわたしを幸せにしてくれる

 

 

そう信じて

 

 

眠っていても

列車が目的地に運んでくれるように

 

もがいたり焦ったりしなくても

ちゃんと行きたいところに運ばれていく

 

 

わたしたち

 

 

みんな

 

 


f:id:iitan1115:20191127181247j:image

 

 

次の日の夕焼けは

 

こんなに綺麗だった

 

 

 

 

ほらね

 

 

 

 

 

 

 

 

聞いてる?

 

紅葉にはまだ早いかな

と思ったけれど

 

あまりに疲れていて

自然の中で思いきり深呼吸したくなった

 

やらなきゃいけないこと

やらなきゃいけないこと

やらなきゃいけないこと

せかされて焦らされるけれど

他の誰かでも出来ることを押しつけないで

わたしには

わたしにしか出来ないことがあるの

 

 

そんな想いで体中がいっぱい

 

 

あなたが運転する車の助手席で

ポツンポツンと愚痴ったけれど

なんにも答えない

黙ってハンドルをきってるだけ

 

 

聞いてる?

 

 

 

トンネルを抜けて

 

トンネルを抜けて

 

何個目のトンネルを抜けたでしょう

 

 

目の前に

 

 

ぱあーっと紅葉が拡がった

 

 

緑の中に

黄色

茶色

真っ赤

 

 

きれいだね

 

 

あなたが言う

 

 

 

きれいだね

 

 

わたしが言う

 

 

 

そして

 

車から降りて

 

二人で紅葉を見つめた

 

黙って紅葉を見つめた

 

 

 

 

 

 

そうかぁ

 

 

心に何かを染み込ませる時

 

ひとは黙ってしまう

 

言葉に出来なくなる

 

 

 

わたしの話になんにも答えなかったのは

 

わたしの話を

ちゃんと聞いてくれてたのね

 

 

 

寒い…

わたしの言葉で車に戻った

 

車の中はあたたかくて

あなたの笑顔もあたたかかった

 

もう

 

大丈夫

 

 

 

聞いてくれるひとがいる

 

 

それだけでもう大丈夫

 

 

 

黄色

茶色

真っ赤

 

 

わたしはどの色で咲くのかな

 

 

 

どこにいても

どんな場所でも

 

 

わたしらしく

 

歩いていこう

 

 

 


f:id:iitan1115:20191017085717j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しい明日

 
 
たくさんの煩わしいことに
囲まれながら
 
なんて
 
爽やかな朝
 
 
思い出すと
どんよりする事だらけなのに
風が部屋の中で踊る
カーテンがふわりと舞い上がる
空が青い
ううん
蒼い
 
深呼吸すると
からだいっぱいに
夏の終わり
 
 
 
生きていれば
 
 
嫌なことも
悲しいことも
惨めなことも
やりきれないことも
 
あるけれど
 
 
どんなことがあっても
 
 
幸せを感じる心は無くならない
 
 
 
真っ暗闇で不安にがんじがらめになる夜にも
必ず朝が来るように
 
小さな自分を抱きしめて
大きな世界に羽ばたこう
 
 
 
さよなら
さよなら
 
怯えていたわたし
 
 
 
もう
 
逃げないよ
 
 
 


f:id:iitan1115:20190908095629j:image

 
新しい明日を見たいなら
 
勇気を出して
 
 
いま
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

夕暮れブランコ

 

お昼寝から目が覚めたら

なんだか息苦しくて

部屋の中の空気がうまく吸えない

 

あれ

あれに似てる

 

酸素が少なくなった水槽で

口だけ水の上に出してパクパクしている金魚

 

あわてて前髪をピンで止めて

ジーンズをはいて外へ飛び出した

 

会社帰りの人にさからって

ゆっくり歩く

深呼吸しながら

 

夕暮れが始まって

向こうの曇り空もほんのり赤くなる

 

 

やっぱり

 

ちゃんと歩けない

 

 

公園のベンチに腰かけて

ふと横を見ると

 

 

ブランコ

 

 


f:id:iitan1115:20190819184757j:image

 

 

だあれもいない

 

ブランコは待っているのに

 

 

そっ  と腰かけて

ゆらゆら

揺れてみた

 

 

一回

二回

小さく揺れるブランコ

地面を蹴って

三回

四回

 

 

ちっぽけなわたしも

ブランコに乗ったら空まで届きそう

緩い風が強くなって体に当たる

ノースリーブの肩が冷たくて

反対に頬が赤くなる

 

小さい頃は毎日乗っていたブランコ

なんにも考えず楽しくて

思いっきり漕いで鳥になった

思いっきり漕いで光になった

 

 

あの頃

 

空気

 

美味しかったなぁ

 

 

 

やっと静まった息苦しさにホッとしながら

ブランコから見える街を見渡してみる

 

それぞれの家に灯りがともり

開け放たれた窓から子供の笑い声が聞こえる

これからみんなで夕ごはんかな

 

みんなみんな

優しい夜を過ごせますように

 

 

 

 

さぁ

 

 

帰ろう

 

 

 

わたしだけが待ってる家へ

 

 

 



f:id:iitan1115:20190820165811j:image

 

 

 

ただいま

 

 

おかえり

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

亀は万年

 

亀がほしい

息子がおねだりしたのはいつだったかしら

 

ある日三匹の亀をおみやげに

お爺ちゃんが遊びに来た

 

心のなかで

わぁいらないのに

と思ったけど

ありがとうございます!と

笑顔で亀達を受け取った

三歳の息子は大喜び

一週間くらいね

 

 

水槽の中にじっとしてるだけの亀に

息子はすぐに飽きて

話しかけもしなくなる

 

当然 亀のお世話係はわたししかいない

餌をやって

お水を替えて

ふぅ

ちゃんとお世話したつもりだったけど

すぐに二匹は天国に召されてしまった

息子は泣きもせず

もちろん残った一匹を

可愛がることもせず

変わらずわたしは亀のお世話係

 

亀はどんどん大きくなり

息子もどんどん大きくなって

今度は犬がほしい

と言い出した

犬ならわたしもほしい

 

我が家に仔犬がやって来た

 

仕事して

息子を育てて

犬のお世話してたら

一日はあっと言う間

 

亀はだんだん忘れられていく

 

もちろんご飯もあげたしお水も替えた

たまに見つめると

嬉しそうに寄ってくる

可愛くないわけじゃないけど

可愛くてたまらないわけじゃない

 

それでも亀はどんどん大きくなって

水槽が狭くなってきた

大きい水槽に移してみたら

また亀はどんどん大きくなって

水槽が狭くなる

 

亀って水槽大きくすると

それだけ大きくなるのよ

 

友達の言葉を信じて

それ以上大きな水槽には移さなかった

 

でも亀はどんどん大きくなって

水槽が窮屈そうになってきた

 

そんなある日

近所のおばさんが家に遊びに来た

そして亀をじっと見て

可愛いねーと言った

 

良かったらあげますよ

わたしが言うと

えっ!本当?

 

えっ!本当に?

びっくりしたのはわたしだった

 

ごくごく普通のミドリガメですよ

 

いいのいいの亀好きなのよそれに…

 

 

おばさんは遠慮がちに言った

もっと大きな水槽で育ててあげなくちゃね

 

 

動物好きで有名なそのおばさんに

亀はもらわれていった

息子はふーん良かったじゃんと言った

わたしは亀の水替えから解放されて

ホッとした

 

我が家にいるより幸せだもん

 

さよなら

だあれも名前をつけなかった亀

可愛がられるんだよ

バイバイ

 

 

道でたまにおばさんに会う

亀元気よっ

すごく可愛いの‼

 

酸素付きの大きな水槽を買って

餌は鳥のささ身を食べさせてるらしい

 

我が家では

亀のえさ

を食べさせていた

 

あぁ

幸せになったんだね

 

 

そのうち

噂が聞こえてきた

 

あのおばさん

亀を散歩させてたよ

 

亀の首に紐をつけて

お散歩させてくれてるらしい

 

亀ってのろいんじゃないのか

散歩ってどうやるのかしら

でも甲羅干しにはいいのかも

 

不思議だったけど

まぁ亀は幸せなんだろうと思った

 

何ヵ月かして

また道でおばさんに会った

 

亀元気よー!

すっごく可愛いの‼

 

聞くと

 

 

夜一緒に寝てるらしい

 

 

亀って

 

お水から出していいのか?

 

 

この前は生ハムをあげたのよ‼

 

 

亀って

塩分あるもの食べさせていいのか?

 

 

 

ある夜       夢を見た

 

亀が我が家に戻ってきていた

狭くなったあの水槽の中で

亀は元気に泳いでいた

泳ぐほどのスペースもそんなにないのに

元気いっぱい泳いでいた

 

わぁ亀

家に戻ってきたんだね

そう言ってわたしが近づくと

亀はわたしの方に顔を向けて

嬉しそうに本当に嬉しそうに

わたしの顔をまっすぐ見ていた

 

変な夢・・・

 

 

元気かなぁ

 

 

 

道でおばさんに会った

久しぶりだった

 

おばさんはわたしを見ると駆け寄ってきた

 

 

亀          死んじゃったのよ

 

え?       いつですか・・・

 

 

 

ちょうどわたしが亀の夢を見た頃だった

 

 

 

亀は帰りたかったのかな

狭い水槽でただじっとしている毎日で

毎日おんなじ亀のえさを食べて

それでも

小さな頃から聞こえていた

わたしの声を聞きながら

息子の足音を聞きながら

亀は

 

育てられた家に

 

帰りたかったのかな

 

 

 

亀を大切に飼ってくださって

ありがとうございます

わたしはおばさんに頭を下げた

 

ううん

あんなに可愛い亀をくれて

本当にありがとうございます

 

おばさんも深々と頭を下げてくれた

 

 

わたしの育てた15年と

おばさんに可愛がられた10年

亀はどっちが幸せだったのかしら

聞くことなんて出来ないけれど

 

 

もっともっと

 

 

可愛がってあげれば良かった

 

 

 

 

亀のことを想ってわたしは

 

 

 

はじめて泣いた

 

 

 


f:id:iitan1115:20190708084722j:image

 

 

亀は万年って嘘でした

 

 

25年生きて

 

お空へ還っちゃった

 

 

 

 

さよなら

ごめんね

 

 

 

ごめんね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉くん

 

 

わたしがよく行くコンビニは

しょっちゅうバイトさんが変わる

 

夜遅い時間になると

無愛想な店長さんが一人で働いてる

 

いらっしゃいませ

にも

ありがとうございました

にも

何にも愛情がない言い方が嫌いで

夜はなるべく行かないようにしてた

 

でも

いつからだろう

多分 桜が咲き始めた頃

 

お花見の後で

ふらっと真夜中にコンビニに

寄ってしまったら

いつも通り店長さんがいた

 

相変わらず無愛想

 

その隣に

 

千葉くんがいた

 

 

 

夜勤の新人さんが入ったんだな

 

 

嫌いな店長さんのレジを避けて

千葉くんのレジに向かう

 

もちろんその時はまだ名前なんて

見なかったんだけど

 

 

慣れない手つきで

ひとつひとつ丁寧に袋に入れて

お金を受けとると

大切そうにレジに閉まって

お釣りも1枚ずつ数えて

わたしにそっと渡してくれた

そっと渡してくれたのに

びっくりするくらいの大きな声で

ありがとうございましたーっ

とわたしに言った

 

それから

 

夜遅く帰った時も

普通にコンビニへ行くようになった

もう千葉くんがいるからね

あの店長さんのレジに

並ばなければいいからね

 

 

 

 

いつからだろう

 

 

店長さんは見かけなくなって

 

夜は千葉くんが一人で働いてる

 

 

相変わらず

ゆっくりとした手つきで

ひとつひとつ丁寧に袋に入れて

そっとお釣りを渡してくれる

そして

びっくりするくらいの大きな声で

ありがとうございましたーっ

と言ってくれる

 

千葉くんは慣れてきたようには

見えないけれど

一生懸命 働いている

 

一生懸命働いている

 

 

 

今日ティッシュペーパーがなくなって

遅い時間にコンビニへ行くと

やっぱり千葉くんがいてくれて

やっぱり丁寧にお釣りを渡してくれて

ティッシュペーパーに

コンビニのシールを張ったのに

袋に入れますか?なんて聞いてくれるから

 

千葉くん

千葉くん

 

ティッシュペーパーは

そのまま箱ごと持って帰るから大丈夫だよ

 

笑って

 

少し

 

すこし

 

ジーンとした・・・

 

 

 

一生懸命

 

働く姿は

 

不器用でも

 

こんなにあったかい

 

 

千葉くんがいてくれるなら

また買いに来るからね

そっとお釣り渡してね

 

 

 

わたしもこんな仕事がしたい

 

もてはやされなくても

有名にならなくてもいいから

丁寧に丁寧に

ひとりの人を大切にする

大きな声でありがとうを伝える

 

 

こんな仕事が

 

していけるよう

 

 

 

明日も頑張るよ

 

 

千葉くん

 



f:id:iitan1115:20190619224309j:image


働くって

 

誰かを幸せにすることなんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

がんばれ

 

 

昨日は今年初めての野球

 


f:id:iitan1115:20190510152010j:image

 

 

すごく早く着いちゃった

試合までまだ一時間以上もあるの

 

 

まずビールビール

 


f:id:iitan1115:20190510152113j:image

 

しばらく禁酒してたけど

やっぱりビールは美味しいなぁぁぁ

 

サラダと唐揚げとお弁当

ちょっと食べ過ぎだけど

美味しいね

楽しいね

 

あっ と言う間にビールが空になって

もう一度売店へ向かう途中

綺麗な夕焼けが見えた

 

 

 

あれはいつだっただろう

 

夕焼けの中を毎日歩いてたね

わたし

 

 

あの頃は掛け持ちでいろんな事してて

愛犬のお散歩や息子のご飯仕度や

今よりずっと忙しかった

なのに

毎日毎日ウォーキングした

雨の日も風の日も

 

何かになりたくて

歩いていたら何かになれる気がして

大好きな人がいて

歩くほどその人に近づける気がして

 

 

なんで思い出しちゃったのかな

そんな日のこと

 

 

いつのまにか歩かなくなって

大好きな人も違う人に変わった

息子は大人になって

愛犬は空へ還って

わたしはもう誰の世話もしなくなった

 

 

なのに歩かなくなっちゃった

時間はいっぱいあるのに・・・

 

 

お代わりのビールをかかえながら

席にもどると

選手達がウォーミングアップで

飛んだり走ったりしていた

なんてしなやかで

なんて綺麗なんだろう

 

 

 

また

 

歩きだそうと決めた

 

 

 

何かになるために歩くんじゃなくて

今の自分のまんまで歩きたいと思った

 

 

足りないところも

ほめてあげたいところも

みんな

 

わたし

 

わたしのままで歩こう

 

 

 

 

 

試合開始まであと少し

 

 

がんばれ

 

選手に言ってる振りをして

わたしはわたしに呟いた

 

 

 

 

がんばれ