まるで少女みたいに恋をする

毎日は優しい奇跡で溢れてる 一緒に奇跡を見つけませんか

変わる季節

 

紅葉が本当に綺麗だった

 


f:id:iitan1115:20201207092741j:image

 

それはついこの前

 

冷たい風が落ち葉を撒き散らして

小さな竜巻が出来ているのを

じっと見つめてたら

 

はやくー

 

坂を登ろうとしてるあなたに呼ばれた

 

さむいねー

 

鼻を赤くして

坂道を駆け上がると

わたしの住む街が拡がっていた

 


f:id:iitan1115:20201207093109j:image

 

f:id:iitan1115:20201207093126j:image

 

寒いのに

風は冷たいのに

体がポカポカしてきて

心はもっとあったかかった

 

 

なんでここに来たんだっけ?

なんで?

なんで?

 

二人で笑っちゃった

 

 

 

紅葉見たいって言ってたでしょ

 

車に戻ってから

あなたがポツンと言った

 

 

へぇ

 

へぇ

そうかぁ

 

 

 

覚えていてくれたんだ

 

 

 

なんにも答えないまま

車は走り始めたけれど

 

今度はほっぺがちょっと赤くなりそう

 

紅葉見たいって言ったこと

覚えていてくれたんだ・・・

 

 

あったまるもの食べたいね

 

うどん

鍋焼うどん

味噌煮込みうどん

あっ

 

カレーうどんっ‼

 

声が揃ったところで

さぁ久しぶりのカレーうどん

 


f:id:iitan1115:20201207181551j:image

 

 

うわぁぁぁー

 

美味しそうっ

 

 

紙エプロンつけてね

はふっはふっふぅふぅ

 

初めてのデートならちょっと

食べづらいかもね

そんなこと話しながら

もうずっとそばにいてくれる

あなたの顔を見た

 

あったくて美味しくて

 

毎日があったかくて優しくて

 

これから冬に向かうことさえ

幸せに感じてた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっと言う間に

 

 

 

 

 

秋は駆け抜けて

 

 

 

 

赤く色づいた葉は落ちて

 

 

 

 

 

季節は

 

 

変わった

 

 

 

 

 

 

 

あの日に帰りたくなるくらい

 

二人にいろんなことがあった

 

 

 

 

今は少しだけ距離を置いて

 

 

 

 

ソーシャルディスタンス

 

 

 

 

 

 

 

 

変わっていく季節のなかでも

 

二人は

変わらないって

 

 

 

 

 

誰か

言って

 


f:id:iitan1115:20201207222530j:image

 

 

あなたを見ていた季節から

 

 

 

わたしの心だけを見つめる季節が

 

 

はじまっていく

 

 

 

 

 

 

 

 

先に帰るね

 

ずっと一緒にいたいけど

先に帰るね

 

明日は仕事

あなたも仕事

 

仕事って大事だもん

仕事大好きだし

 

 

 

 

本当は・・・

 

 

ギリギリまでそばにいようかなって

企んでたのよ

一分でも一秒でも多く

あなたの傍で笑ってたくて

コロコロ笑ってたくて

 

 

早起きすれば明日帰っても間に合うかなぁ

 

それならどんなに早起きしても辛くない

 

ギリギリまで

 

迷ってた

 

 

 

 

 

 

夕方のJRに乗ることにしたの

 

 

ホテルの部屋を片付けて

荷作りして

キャリーケースにいろんなもの

詰めて

想い出までキチキチに詰めて

 

 

すぐにまた逢えるでしょ?

すぐにまた逢えるもの

心の中で同じ言葉を繰り返しながら

ひとりで歩く駅までの道

 

 

なんだか

 

 

泣いてしまいそう

 

 

 

戻りたい

いま来た道を

 

ポケットの切符を握りしめるの

 

明日の朝に変えてもらったら

引き返せる

あなたのところへ

あと半日

一緒にいられる

 

 

それは

 

とても

心がときめくチャレンジだけれど…

 

 

 

 

やっぱり

帰るね

 

先に帰るね

 

 

 

 

時間は

 

ちゃあんと流れていって

 

またあなたとわたしを

 

繋いでいくんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでも

 

 

列車の中で

 

 

帰るね

って

あなたにラインしたら

 

 

いっぱい

 

 

涙がこぼれた

 

 

 

 

 



f:id:iitan1115:20201002193613j:image

 

 

 

列車の窓から見える空は

 

 

 

なんて綺麗なんだろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今 の 一秒後

 

自由に出かけられなくて

ニュースは不安を駆り立てるだけ

何を見ても聞いても

明日はどうなるんだろう

って気持ちになったら

 

一秒後のことだけ

考えればいい

 

一秒後

わたしはきっと元気

一秒後

いま

飲んでるカフェラテは美味しいまま

一秒後

あなたからラインが来たら

一秒後

きっとほっこりして笑ってる

きらきら大切な一秒が積み重なって

わたしの明日を創ってく

 

こんな風に世界が変わる前から

明日生きてるかなんてわからなかったし

老後の不安はあったでしょ

 

だから

いま

空を見上げて

一秒後も

空は青空

いつかは曇ったり雨も降るけど

一秒後の空は青空

 

こんな風に世界が変わったから

生きてることに感謝溢れて

なんでもない日常が

奇跡のように感じる

 

 

わたしたちは

とても大切なことを思い出してる

 

 

それでも

辛くてたまらなくなって泣きたくなったら

 

思いきり泣こうね

不安だよー

いやだよーって叫ぼうね

 

心の中にあるもの全て

大切に感じてあげたら

 

 

一秒後

 

 

あなたはきっと

 

 

笑ってる

 

 

 

 

 

 



f:id:iitan1115:20200403093620j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

大人さまランチ

 

外出禁止って言われても

お昼ご飯は食べなきゃいけないし

夜は外出できないから

せめて美味しいもの食べたいな

 

 

大人さまランチ

 

 

 

午前中でお仕事は終わったし

 

ごめんね

時間があまり無いのか

急いで食べてるお隣のお客さんたち

 

わたし

ビールを飲んじゃいます

 

そしてねそしてね

 

 

 


f:id:iitan1115:20200317140453j:image

 

 

あーっテンション上がるっ‼

 

 

ハンバーグと

カニクリームコロッケ

ナポリタンと

グラタン

 

 

子供の頃大好きだったものばかり

今も大好きなものばかり

 

 

あのね

ランチの女王ってドラマ知ってる?

あのドラマに出てくるお料理が

とっても美味しそうで

竹内結子が食べてる姿がとっても可愛くて

だから今日のわたしは

竹内結子になりきって食べます‼

 

ハンバーグ

ビール

カニクリームコロッケ

ビール

グラタン

ビール

ナポリタン

ビール

 

 

 

美味しいなぁ

美味しいね

 

 

ハンバーグは多分合い挽き

パン粉が多めで優しい味がする

カニクリームコロッケの下には

タルタルソースがたっぷり~

グラタンに隠れてるウレン草は

バターで炒めてるのかな

しっとりしてるのにコクがある

ナポリタンには

いっぱい粉チーズをかけるのだー

 

 

 

 

 

 

いろんなこと

 

あるよね

 

 

不安だし

ビビっちゃうし

これからどうなるのかな

って

きっと

みんな

思ってる

 

 

 

だから

 

 

 

美味しいランチを食べるのだ

 

 

 

味わってテンション上げるのだ

 

 

 

 

大変な中でランチを作ってくれる

シェフにありがとう

もしかしたらお子さんお留守番させて

仕事に来てくれてる

ウェイトレスさんにありがとう

 

みんなみんな

それぞれの役割を頑張ってくれるから

こんなに美味しいご飯が食べられる

 

 

まだまだ

 

わたしも

 

頑張れる

 

 

 

未来がどうなるかわからないけど

いま幸せを見つける努力が

一瞬一瞬積み重なって

明るい明日がやってくると信じたい

 

 

 

 

 

ごちそうさまでした

 

 

お店を出ると

 

おなかいっぱい

ピール一杯でいい気分

 

 

 

さぁ

 

 

明日も働くよ

 

 

 

 

 

わたしのために

 

みんなのために

 

 

 

 

 

 

 

 

     

希望

 

朝起きて満員電車に押し込められて

仕事して怒られて

たまには怒る役目になって

クタクタに疲れて家に帰る

 

それでも

家の灯りを見たらホッとする

 

おかえりなさい

優しい声と暖かい部屋

 

ビールを飲んで

テレビ見て一日が終わる

 

また明日もおんなじ繰り返し

 

それでも

 

こんな毎日も悪くないな

なんて思ってた

 

 

でも

 

 

 

 

新しい扉が開いた

 

 

 

 

もう満員電車乗らなくていいよ

 

もう

本音じゃない言葉言わなくていいよ

 

学校も会社も行かなくていいよ

 

 

楽しいことやろう

大好きなことやってみよう

 

 

お金があってもなくても

生きていける世界の扉が開いた

 

 

何かにすがるのではなく

誰かにもらうのでもなく

 

考えて

考えて

 

自分にしか出来ないこと

 

 

 

不安も恐怖も手放して

 

 

きっと

未来の世界は知っている

 

 

 

いま起きていることが

絶望ではないこと

希望に向かって舵をとっていけること

 

 

 

 

この綺麗な地球に生まれてきた

わたしたちは

 

 

そんなに

 

 

 

弱くない

 

 

 



f:id:iitan1115:20200227181527j:image

 

 

大丈夫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の遊園地

 

遊園地に行きたい

 

そんな気持ち忘れていた

 

 

でも

たまたま遊園地の傍のホテルに泊まって

 

 

ねぇねぇ遊園地に行こうよ

 

 

入場券を買わなくても中には入れたから

遊園地の中を二人で歩いた

ジェットコースターや

メリーゴーランド

バイキングにウォータースライダー

 

キャーキャー言いながら乗ってた頃の

昔話しながら

ゆっくりゆっくりあなたと歩いた

 

 

高校生の頃ね

このへんでデートしてたんだ

あなたが言う

 

へー  何に乗ったの?

 

お金がないからさ

遊園地に入って歩いただけ

そばの公園のベンチに座って

お喋りして終わり

 

ふぅん・・・

 

無口なあなたは高校生の時

いったい何を喋ったんだろう

 

その頃わたしもこのあたりにいて

もしあなたと出逢えたら

あなたはわたしを選んだのかしら

わたしもあなたを好きになったのかしら

 

 

ううん

 

 

大人になってから巡り逢えて

だから

今この時間がある

 

 

 

小雨が降ってきて

遊園地を見下ろせるカフェに入った

大好きな白玉ぜんざいがあって

テンションあがるわたしの横でも

あなたは変わらず無口なまま

 

 

いつもお酒飲んでる二人が

珈琲とぜんざいなんてなんだか笑っちゃう

 

 

遊園地を見下ろしながら

 

 

まだ何にも乗ってないけど

 

 

 

 

来て良かった

 

 

 

あなたと来て   良かった

 

 


f:id:iitan1115:20200218115117j:image

 

 

 

珈琲を飲み干して外に出たら

 

 

雨は

 

すっかりあがっていた

 

 

 


f:id:iitan1115:20200218115425j:image

 

 

 

ばいばい

 

 

なんにも乗らなかった

それでも幸せだった

 

 

遊園地

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんなことがあっても世界は優しい

 

 

 

旅に出た

 

 

f:id:iitan1115:20191127175221j:image

 

もう真っ暗になった空を見ながら

冬の列車に飛び乗って

出来れば夕焼けが見たかった

なんて思いながら

窓に写る缶ビールをじっと見つめて

 

旅に出た

 

 

 

 

母が倒れたのは1ヶ月以上前

最初はただの骨折だったのに

どんどん悪くなって

集中治療室まで運ばれて

何本も管が体に通された

 

ばあちゃん危ないからっ

 

慌ててやって来た息子に

母は笑顔で言った

 

ばあちゃんもうきっと煙草吸えないから

ばあちゃん家にある煙草

帰りに寄って持ってきなさい

 

そんな言葉聞いたら

わたし涙でぐしゃぐしゃになる

 

お母さん

もう一度煙草吸おうね

お家に帰ろうね

 

 

その言葉どおり

 

 

母は奇跡的に回復して

さすがに煙草は吸えないけれど

退院できるかもしれない

 

でも退院しても介護はきっと必要で

今までのようにはいかないよね

 

 

そんな気持ちのまま

 

旅に出た

 

 

列車はゆっくり走る

ゆっくりに感じるだけなのかな

 

隣の席は空席で

通路の向こうに座ってるおじさんは

ホットゆずレモン飲んでいる

 

音がしないように

そっと缶ビールを開けた

 

美味しい…

 

 

いろんな事があったこの一カ月

母の事だけじゃなく

ものすごくいろんな事があった

帰ってからも

やらなきゃいけない事はいっぱいあって

考えると少し憂鬱になるけれど

いまは

 

冷たいビールと

 

ガタンゴトン

 

列車のリズムと

 

待っている友達の笑顔が浮かんでくるから

 

やっぱり

 

旅に出て良かった・・・

 

 

 

 

いろんな事      あるよね

 

生きてると

 

 

 

辛い事も

逃げたくなる事もあるよね

 

 

 

だけど

わたしがわたしを大切にしてあげる限り

きっと世界はわたしに優しい

わたしがわたしを幸せでくるんだ分だけ

きっと世界はわたしを幸せにしてくれる

 

 

そう信じて

 

 

眠っていても

列車が目的地に運んでくれるように

 

もがいたり焦ったりしなくても

ちゃんと行きたいところに運ばれていく

 

 

わたしたち

 

 

みんな

 

 


f:id:iitan1115:20191127181247j:image

 

 

次の日の夕焼けは

 

こんなに綺麗だった

 

 

 

 

ほらね