まるで少女みたいに恋をする

毎日は優しい奇跡で溢れてる 一緒に奇跡を見つけませんか

 

 

 

 

 

春が来たんだね

 

 

 

 


f:id:iitan1115:20180421065610j:image

 

 

仕事の帰り道に

ふっくらしたたくさんの蕾を見つけて

シャッターを押したけど

 

ぜんぜん綺麗に写せなくて

笑っちゃった

 

 

 

笑いながら

 

 

 

 

ちょっとだけ 涙ぐんだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に見えない蕾が

 

わたしの中にもちゃんとある

 

 

 

もう若くないし

 

頑張れないし

 

しんどい時もいっぱいあるけど

 

 

それでも

 

わたしの中にある蕾

 

 

 

 

まだ出来るよ

まだ大丈夫だよ

 

 

蕾が囁く

 

 

 

 

まだ

 

 

 

 

 

 

 

叶えたい夢があるでしょ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春が来たね

 

 

また

 

 

咲こう

 

 

 

わたし

 

 

 


f:id:iitan1115:20180421070913j:image

 

 

 

 

 

 

 

心地好さの中の 寂しさ

 

 

今日はお休み

 

 

いっぱい眠った

 

 

 

しっかりお掃除して

窓を開けたら

もうふんわり暖かくて春の薫り

 

 

 

洗い立てのシーツを干したら

ゆっくり

ひとりのお昼ごはん

 

いつもなら慌ただしく

テレビのニュースを見ながら食べるのに

 

今日は好きな音楽をかけて

カフェ気分

 

 

 

あぁ

 

この曲

 

久しぶり

 

大好きだった

 

こんな歌詞だったっけ

 

 

 

 

心地よいお休み

 

心地よい春の始まり

 

 

 

 

でも

 

 

ここに

 

 

あなたは  いないね

 

 

 

この大好きな曲を

一緒に聞いた

 

 

あなたは    いないね

 

 

 

 

 

 

心地好いって

 

少しだけ

 

寂しくても

 

いいのかな

 

 

 



f:id:iitan1115:20180328152600j:image

 

 

この春の風に乗って

 

逢いたい人に

 

逢いに行こう

 

 

 

 

 

 

 

やさしいひとたちに囲まれて

 

 

道で転んで怪我したの

 

ぶつけたのはおでこなんだけど

目が腫れちゃった

 

仕方ないから眼帯して

仕事へ出かけてみたけれど

 

 

 

 

どうしたの?

大丈夫?

 

 

みんな心配してくれた

 

 

 

痛くない?

ビタミンとるといーよ

 

 

みんな

あたたかい言葉かけてくれた

 

 

 

 

 

道で転んで目が腫れた情けないわたしを

だあれも

笑ったりしなかった

 

 

 

笑い飛ばしていいのに

 

バカだねーって

ドジだねーって

 

笑い飛ばしてくれたなら

わたしも笑って

ホントードジだよねーって

 

 

それで

 

 

終わったのに

 

 

 

 

そんなにみんな心配してくれたら

 

 

 

わたし

 

 

なんだか

 

 

嬉しくて

 

 

涙が出ちゃう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでもない毎日で

いつも通りの朝が来る時には

気がつかなかった優しさが

心に染みてわたしを染める

 

 

 

 

 

ありがとう

 

 

 

 

 

 

やさしいひとたちに囲まれて

 

 

 

 

きっとわたしも

 

 

やさしくなれる

 

 

 

誰かにも

 

 

 

自分  にも

 

 

 

 

 


f:id:iitan1115:20180315090504j:image

 

 

 

どんなことも

 

 

 

大切な何かを思い出させるために

 

 

 

起こってる

 

 

 

 

 

 

  

操縦席に座るのはわたし

 

 

ひとりでね

 

好きなことをする

 

 

お風呂にゆっくり入ったり

ミルクいっぱいのカフェオレ飲んだり

声張り上げて歌ったり

 

 

わたしはわたしに好きなことを

させてあげるの

 

操縦席に座るのはわたしだから

わたしの思う通りに

わたしの世界は創られる

 

 

 

 

誰かとね

一緒にいると

 

 

わたしはその人の顔色を伺うの

 

 

笑ってほしい

楽しんでほしい

心地好くいてほしいから

 

 

何が好きなのかな

 

 

その人に合わせて

 

その人を幸せにしたくて

 

 

 

 

 

その人を

 

 

 

操縦席に

 

 

 

座らせる

 

 

 

 

 

 

 

そんなの

 

 

 

 

 

おかしい

 

 

 

 

 

その人はその人の操縦席に座ればいい

その人の幸せはその人が創ればいい

 

 

わたしの操縦席は

 

わたしだけしか

 

座れない

 

座らせない

 

 

 

 

勇気はいるけれど

 

操縦席から降りちゃダメだよ

 

 

 

 

誰といても

どこにいても

操縦席にちゃんと座って

自分の心に聞いてあげよう

 

 

いま

 

わたしは

 

どうしたい?

 

 

 

心のナビに従って

 

深呼吸して

 

リラックスして

 

 

 

さぁ

 

 

 

飛ぼう

 

 


f:id:iitan1115:20180314051310j:image

 

 

わたしだけの

 

 

行きたい世界が

 

 

待っている

 

 

 

 

 

 

  

明日はお休み なのに

 

 

 

明日はお休み

 

なのに

 

わたしご機嫌が悪い

あなたも疲れてるみたい

 

 

 

 

どこ行く?

なに食べる?

話し合ってみたけど

 

 

わたし

 

 

ご機嫌が

 

 

悪い

 

 

あなた

 

 

疲れてる

 

 

みたい

 

 

じゃなくて

 

 

疲れてる…

 

 

 

 

とりあえず帰って用意して

あなたからのラインを待ってみたけれど

やっぱり出かけたくない

お家にいたいなぁ

なんて考えていたら

 

あなたから

今日は眠いから明日ね

ってラインが来た

 

 

うんうん

だよね‼

わたしも今日はお家にいたくて

外でご飯食べたくなくて

 

 

良かった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもさ

 

もしも一緒に帰れたなら

 

こんな時でさえ一緒にいられるよね

 

 

あなたは疲れてて

わたしもご機嫌悪くて

 

 

あなたは眠って

わたしはテレビでお気にいりの映画見て

だけど一緒に暮らしてたら

 

 

ラインが既読にならなくて

苛立つ事はないんだ

 

メールが返って来なくても

不安になったりしないんだ

 

 

 

 

 

 

わたしはきっと

 

 

 

ねぇ

 

 

 

 

わたしはきっと

 

 

 

 

 

あなたと

 

 

 

 

 

 

いたいんだ

 

 

 

 


f:id:iitan1115:20180309232820j:image
 

 

 

どんな時も

 

 

 

 

 

 

 

  

だあれもなれない 自分

 

 

もうすぐ春だから大掃除

 

引き出しの奥から

小さい頃の写真が出てきた

 

なんだか

わたしいつも怒ってる

 

笑顔になったのは高校生くらいから

 

それまでのわたし

ずっとずっと不機嫌な顔してる

 

 

多分

父が写してくれた写真だから

父の前では恥ずかしかったんだろうな

笑顔をつくること

 

高校生になったら

友達が写してくれるようになって

 

いつのまにか

父が写してくれる事はなくなったんだろうな

 

 

笑顔    ばっかり・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしは不機嫌な子供でした

 

ちょっとした事でイライラして

泣いたり怒ったりしてました

 

思った事を何でも言うので

ずいぶん友達にも嫌われました

 

目立つのが大好きだったので

人より先に手を上げて

なんでもやりたがり

でも

けっきょく最後まで出来なくて…

 

好きなものがコロコロ変わり

いつも落着きがなくて

いつも誰とも交われない

 

 

 

わたしはおかしい

 

 

 

少し大きくなった頃

自分のことを変えたいと思いました

 

いつも明るくて優しくて

みんなの真ん中でキラキラ

笑ってる女の子になりたかった

 

言いたい事は言わなくなりました

出来る事も手は上げなくなりました

 

わたしは

 

わたしではなく

 

好かれる誰かに

 

なりました

 

 

 

 

 

そして

 

こんなに年を重ねて

 

いま

 

わたしはわたしに戻ろうとしています

 

 

言いたい事を言うのは

最初はすごく恐かった

 

でも言ってみたら大丈夫でした

 

 

手を上げてやってみて

最後まで出来ないけれど

助けてくれる誰かがいました

 

 

不機嫌な顔をしてても

友達はわたしのそばにいてくれて

友達の不機嫌な顔も

わたしは気にならなくなりました

 

 

 

 

 

 

そのまんまで良かったのです

 

 

 

何かにならなくても

良かったのです

 

 

 

不機嫌な顔していたわたしが

ご機嫌な顔を無理に作って

また不機嫌な顔に戻ったら

 

 

本当に優しく

 

笑えるように

 

なりました

 

 

 

 

 

不機嫌でもご機嫌でも

 

 

 

わたしはわたしのまま

 

 

 

あなたは

 

 

あなたのまま

 

 

 

 



f:id:iitan1115:20180227092158j:image

 

 

他のだあれも

 

 

自分には

 

 

なれないのだから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう逢えない あの子へ

 

 

昨日  夢を  見ました

 

夢の中で

あの子と息子が笑っていた

何がそんなにおかしいのかしら

ケラケラケラケラ

声を出して笑っていた

 

 

あれ?

あんた達 別れたんじゃなかったっけ?

 

わたしが聞くと

 

あの子微笑んで

 

別れましたけど

でも

こうして逢ってるんだよねー

 

そう言って息子の顔を見つめてる

 

息子が恥ずかしそうに頷いたところで

 

 

 

 

目が

 

 

覚めた

 

 

 

 

あぁ

久しぶりに見た

あの子の顔

 

去年まで週に一度は遊びに来ていた子

息子の部屋からは

いつもいつも二人の笑い声が

聞こえていたっけ

 

 

息子が会社を辞めて引きこもった時も

愛犬がお空に帰った時も

 

あの子はずっと息子のそばにいてくれた

 

 

 

 

わたしの他に

息子を愛してる人がいる

わたしの他に

息子をいたわってくれる人がいる

 

 

それがどんなに心強かったかしら

 

 

 

 

 

 

1月になったばかりの寒い夜

 

あの子いつものように

こんにちは

と言って遊びに来てくれた

 

 

 

 

 

それが

 

 

最後だった

 

 

 

その時

別れ話しに来たことを

息子から後で聞いた

 

 

息子の部屋からは

あの子が置いていたこまごましたものが

 

 

 

ぜんぶ

 

 

きれいに

 

 

なくなっていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかしいわね

 

週に一度は顔を見ていて

おみやげを渡したり

誕生日プレゼントもらったり

なんとなく

すっかり仲良くなったつもりでいたけど

息子と別れたら

 

 

わたし

あの子の連絡先も知らない

 

 

 

電話番号も

アドレスも

なんにも知らない

 

 

 

だから

 

多分

 

もう二度と逢えないの

 

 

 

 

逢えないから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えりちゃん

ありがとう

 

三年もわたしの息子を

支えてくれてありがとう

 

二人の未来は別々になっても

わたしはあなたを忘れない

 

 

 

いつまでも

その

少女のような笑顔のままで

 

幸せになってね

 

 

 

もしかしたら

わたしの娘になっていたかもしれない

もう二度と

 

 

逢えない

 

あの子へ

 

届きますように…

 

 

 


f:id:iitan1115:20180222153034j:image

 

 

 

 

寂しいなぁ